Btn appstore Btn googleplay
9784620108452

おちかに代わり三島屋次男坊・富次郎が新たな聞き手に。心揺さぶる極上の江戸怪談、新章突入─。宮部みゆきのライフワーク最新刊! 続き

コメント

シリーズ第6弾

読者

Icon user placeholder2bdf46c2 d21b 4bea b524 342cfc8768a59fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89Icon user placeholder813d640e b13f 44d0 a414 3809c4d8ef54137634c5 3c45 48c1 a457 e1ea494c15b5Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b3787d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d 9人

宮部みゆきの本

スナーク狩り

スナーク狩り

Ju8isiss normal

田舎たぬき

ミステリ、ホラーが特に好き

宮部みゆき特有の、相変わらず重たい結末でした。 しかし、その重さと反比例するように、話のスピード感はスポーツカーのようにぶっちぎりに速い。 かと言って登場人物達の心理や背景を置いてけぼりにすることはなく、むしろ多すぎる程の荷を拾うのに勢いは最後まで衰え知らず。 あまりにリアルで生々しい話なので中高生には少し早いかもしれません。 それでも私は宮部みゆきの中では一番好きな話でした。

5か月前

この世の春(上)

この世の春(上)

Ju8isiss normal

田舎たぬき

ミステリ、ホラーが特に好き

普段、時代ものは読まない。役職やら言葉やらが何もかもしかめつらしく、全く頭に入って無いため、つまらなく感じるからだ。 しかしオススメとあらば読まざるを得ない。 結果、大変に面白くズブズブと物語に耽ってしまった。 確かに、序盤は江戸時代の政だのなんだのと不勉強には痛い言葉の羅列が続くが、それも話半分で読んでおけば大丈夫。 そこさえ乗り越えれば、あとは下巻まで一直線。流石は宮部みゆき。 ミステリーだが、主人公多紀と物語の中心にある重興の心の通わせ方に涙腺を揺さぶられる素晴らしい小説。 ほぼ内容には触れてないけど、読めば分かる。

6か月前

11
R.P.G.

R.P.G.

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

伏線が手に取るように分かるのに真相が掴めない。 正義と報復を履き違えないでいられる人は、どのくらいいるのでしょう。 犯人が分かる事より、騙されたと思う事の方が数倍気持ちいい。 読後は、タイトルを読んで気持ちよくなってください。

12か月前

12