Btn appstore Btn googleplay
9784041073988

女性の人生には通過儀礼が沢山ある。たとえば結婚。もう21世紀だというのに、当然のように夫の名字を与えられ、旧姓は消えてしまう。気づいた時は自分が自分でなく... 続き

コメント

女性のリアルな悩みが詰まった短編集。

男性視点で読むと、そんなに難しく考えなくてもいいのでは‥とも思えちゃう。

でも、登場人物たちの心理を表す独特な感情表現によって、女性の立場に引きずりこまれ、女性ならではの苦労を痛感させられる。

読者

F0b75bb5 b2a5 4a87 abaa 882a018db8a8Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

朱野帰子の本

わたし、定時で帰ります。

わたし、定時で帰ります。

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

"定時で帰る"どころか… マネジメントの悩み満載! まさにハイパー! 管理職はこんな苦しい経験と、良くも悪くもいろんな人と関わりながら成長していくんだ!!

7か月前

It9trq 4 normalY es4n88 normal2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90
対岸の家事

対岸の家事

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e

たつや

好きな言葉

飛行機に乗って遠くの国へはいけないけど、昼間の街にいたから出会えた人もいる。遠くの国へ行くのと同じぐらい得難い時間なのではないだろうか。

7か月前

わたし、定時で帰ります。

わたし、定時で帰ります。

3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50

diablona235

本読み初心者 http://c…

後から本屋に並んでいるこの本に帯にドラマ化の文字が。 ドラマ化するくらいわかりやすくスラスラ読めてしまった 主人公の考え方を他の人に納得させるのは少し強引さと、無理矢理な感じを受けた 重くなくサクッと読めます

1年前

6af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb0Default profile normal2fd04342 2a36 4a8e b9e3 69371ebdedf7 11
会社を綴る人

会社を綴る人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

できない君が唯一誇れる書くということ。『あくまでも自分の中で』と註釈をつけてしまうほど紙屋君(偽名)は気弱だ。 だが彼は、物事の根っこをキチンと抑えられる、強くで優しい人物である。それを、英雄伝ではなく細やかにとても遠慮がちに、人々の心を掴んでいく様子を描いているので、本自体が紙屋君の雰囲気だ。 気弱なブレる事が〈出来ない人〉は、みんなの心の扉を遠慮がちにノックしていきます。 大きな枠の中に居られない人は=役立たずではない。

1年前

Icon user placeholderA00c8a97 22f8 481f 9e7d dcd00f6cdf4f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 20