Btn appstore Btn googleplay
9784198649500

小夜子24歳。 無職。 趣味は通夜へ行くこと。 葬儀場で人生が変わる! ◆通夜女3カ条◆ ・通夜の空間を演出し、遺族を慰める。 ・焼香を済ませ、  通... 続き

コメント

サクサク読めた

読者

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a

大山淳子の本

あずかりやさん 彼女の青い鳥

あずかりやさん 彼女の青い鳥

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

あずかりやさんシリーズ第三弾。 盲目の店主桐島青年も 早くも30に手が届く年齢に。 早くお嫁さんをもらってほしい。 今回のお客様は? モノ達が語る静かな日々。

1年前

赤い靴

赤い靴

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

のんびりとした「あずかりやさん」などのイメージだった大山淳子先生。唐突に起こる殺伐とした殺人と逃避に、少し驚いた。 冒頭の「葵」は精神を病んでいる。そして、山の中の「葵」は憧れるほど強い。 主人公としての「葵」の印象が薄いのは、段落ごとに語る人物が変わるからだろうか? 親とは何か、育てるとはどう言う事なのかを、考えてしまう。 唯一、笹本一家に温度を感じる。これが大切な事なのかもしれない。

約2年前

136df2a3 3aee 4402 a223 7710f260b629687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939
(15-1)あずかりやさん

(15-1)あずかりやさん

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

優しくあり、押し付けない。それでいて、その人にとって大切な事は何なのか察っした上で関わりを持つ。主人公の人となりが、いろんな人を助けて行く物語。誠実でいる事がなぜ大切なのか感じられる本だと思いました。

約2年前

F8aecfae a931 4f4f 9632 7a9a7ba0863fIcon user placeholder057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7 14