Btn appstore Btn googleplay
9784167914356

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親... 続き

コメント

じわりじわり、胸がひりつくような熱さを残す作品。
思わず「わかるわかる」と環奈と由紀に共感しながら読んでしまう部分も多かった。島本理生氏は、女性の心理描写を描くのが上手いと思う。純文学・恋愛小説の名手と言われているが、この男女関係の何とも言い表せられない切なさややり切れなさ、悔しさなど、沸々と浮かび上がる感情の描写が美しく、読んだあとも鈍い痛みを残す作品だった。
そして臨床心理士の視点という切り口で事件を描いていることに、読者に様々な角度から考えさせる社会作品になっているのではないか。
心・感情・内面、本人が感じた思いをどこまで社会は受け止め、許容し、判断するのか。難しい局面であり、今の時代に課題とされるテーマの一つである。
他作品の「あられもない祈り」もおすすめ。

一気読み。始終、背中がぞくぞくして、私はいつも横になりながら本を読むんだけど、ベッドから背中を離すことができなかった。久しぶりのミステリー小説だった。様々な時間軸のストーリーが交錯し、その絡まりが徐々に解けていくのが心地よかった。

島本さんの小説は、男性に読んでみて欲しい。
普段、自然にしている事、またはされている事が実は…っていうことに気付かされてしまう。

読者

Dd24acff 891a 4e56 afea 77c2174758dfD47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5345a3cfb 0dc3 4591 91a5 dc5380e62d38A422c06b e45c 4b76 9277 7a84a62b4ed77fd07fb2 d2ab 48ab a625 010a924fbc776336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb623001a7da6da 08cb 4493 8f4a 89e887ca9b48Cbe4537b 81b6 402b 9c03 6d41bfb1f9d2 12人

島本理生の本

Red

Red

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

2020.6.26

18日前

E3007692 166c 4ba4 b573 e6081beed36dD2d1c7ed 289e 4b5e 966b ca39a0beb6e61a7da6da 08cb 4493 8f4a 89e887ca9b48 34
ファーストラヴ

ファーストラヴ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

家族の中の常識でがんじがらめになってしまう子供。誰にも知られることがなく、病んだ大人になってしまう。 出逢わなければならない相手に、出会えなかった子供。 事件に絡めて真壁先生の人生が語られて、読者を引っ張っていると思う。 出会えた人と出会えなかった人の対比が虚しかった。 事件を多方面から問題定義しています。 以外に読後感はスッキリです。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderAc789350 b3b4 43ab b635 edb3af94bbca 103
あなたの愛人の名前は

あなたの愛人の名前は

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大人の屈折した恋愛ものを中心として大人の繊細さを描いた全6篇。 対の作品になっている2篇の女性と男性が私の苦手で息が苦しくなった。 それぞれのその人にとっての存在感を感じる、その一瞬を描いている場面が好きだ。

1年前

02513e45 bb49 4432 a93b 349f589f76a7B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5B893b65e a6fc 467c b489 37f8d4957c4d 24