Btn appstore Btn googleplay
9784907364137

映画「FAKE」や新作「i-新聞記者ドキュメント-」でメディアの本質を暴露し続ける著者が、ポスト真実の時代にますます必須のメディア・リテラシーを中学生向け... 続き

コメント

メディアは人。人が作っている。ディレクター、カメラマン、きしゃ、編集者。亀井静香は死刑廃止を推進していた。なぜなら元警察官で、冤罪による死刑の恐ろしさを知っていたから。メディアは手段。テレビやラジオが普及したのは、そのようなメディアは字が読めなくても分かる。それがファシズムを生んだ。ニュースは公平中立で客観的であるべき。しかしそんなのは不可能。何を報道するかは人が決めている。そこには感情が含まれている。世の中の現象はすべて多面的。スタッフは視聴率が上がれば地位も給料もあがる。だから誇張もしてしまう。両論併記。社会の多数派に合わせて視聴率を貰う。それに逆らったらスポンサーのメンツも立たない。日本は資本主義だ。だから自由競争が原則。この市場原理がメディアをひとつの方向に導くことはとても多い。その市場原理から解き放たれることを約束されたのがNHK。だから視聴率を気にしなくてもいい。ただ最近は政府の意向をとても気にするようになってしまった。くだらない番組を望んでいるのは私たちなのだ。人間らしいな。真実は人の数だけある。だが事実は一つだけ。

読者

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

森達也の本

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

今更だけど、今年だからこそ、読みました。 今年は4まで、全部一気読みするぞぃ!と思っているけど、これ一冊で受ける衝撃が大きすぎる。 でも読む。読まなきゃ。

1年前

Icon user placeholder24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184
波止場日記――労働と思索

波止場日記――労働と思索

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

沖仲仕の哲学者エリック・ホッファーが綴る労働と思索の日々。沖仲仕とは「船舶内で貨物の積み降ろし作業に従事する港湾労働者。船内荷役(にやく)作業員。」デジタル大辞林 機械化やコンテナ船の登場によって姿を消した労働形態である。 ちょうど同時期の横浜の状況で説明すると「労働時間は朝7時半に足舟または専用バスに乗って作業現場に到着、12時まで作業、1時間休憩ののち18時まで作業を続け、18時半に朝と同じ場所で解散というのがふつうであった。そば一杯が35円の頃(昭和33年)日雇い賃金は班長の場合896円、一番低い4級労働者で480円の時代でもある。人手と手間がかかる労働であった。」『図説横浜の歴史P396より』 「第三十九埠頭で八時間。楽しい一日。仕事は次々あったが、きつくなく、しかも相棒がよかった。うんざりした日になるのは、きまって仕事のせいではなく、ときどき仕事に伴って生ずる不快なことのためである。性急さ 論争、あつれきなどで、疲労し、また気落ちするのである。五分間口論するよりも五時間働いたほうがいい。」 P53 十月五日 「確かなことが一つあるー絶対的な権力はその所有者を、神のごときものにではなく神に反するものに変えてしまう。神は粘土を人間に作り変えたが絶対的な暴君は人間を粘土に変えるからである。」P194 四月一日

約2年前

03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209fD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869
いのちの食べかた

いのちの食べかた

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b

Yusuke Kondo

よく笑いよく読む 1冊1冊を丁寧…

とてもわかりやすい文章でしたよ。 最初は肉や食べ物の話が中心で、表紙のイラスト通りの内容かと思いきや、日本の歴史が充分に盛り込まれた1冊になっていました。 話が二転三転して落ち着くところに落ち着く様になっています。

約3年前

5af2c87c 0908 42f4 878a 9aad6f4b33f479887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7
チャンキ

チャンキ

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

メディア論的なエッセイでいつも面白く読ませてもらっている森達也さんの、長編小説。 ずっと気になっていて、やっと読めました。 死ぬことを通して生きることを考える作品。 最後駆け足で、「ん?」と思ったけど、 だいたいはっきりした結末は絶対の正解をハッキリと描かないのは、森さんらしい、のかもしれない。 小説の中の世界では「タナトス」という、急に死にたくなる流行り病?が日本だけに起こるという設定だったけど、 別に小説の中だけじゃなくても、私もいつ死ぬかなんて全然わからない。とおもう。 なのに、どう生きるべきか、ちゃんと考えられてなかったなぁ。。。

約3年前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f7