Btn appstore Btn googleplay
9784295007463

コメント

『数は少なくても自信をもてる品質のものをつくりたい。「つくって終わり」ではなく、必要としている人にしっかり届けたい。身近な人たちと健康に楽しく働きたい。』

マーケティングの本かなと読み進めていったが、途中から人や物との接し方を改めて見つめ直す一冊であると気づいた。規模は小さいながらも愚直にかつ誠実な応対をするという事がこの本のコンセプトの一つであろう。そして、大量生産をせねばという機会損失の呪縛を解くにどうすれば良いのかの一助になると思う。『機能を分解して残すべき価値があれば技術を残すことができ、それは文化的にも経済的にも大きな意味がある』。印象に残った一文である。

読者

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6Fc094348 c25e 401c 93d3 68d96a4611cf06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb678a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6 4人

ビジネス

アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる

アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

Kazutaka Takao

ジャンルを問わず無類の本好き

昨今の行き過ぎたデジタル嗜好について考えさせられる内容だと思う。デジタルが良くアナログは悪いという一刀両断的なゼロイチ思考ではなく、デジタルとアナログの融合や共存が必要だと思う。デジタル技術はアナログ思考から生まれることに共感を覚える。アイデアはどんどん紙に書くべし!

1日前

8373c472 3a52 4329 b64c 768691df82be45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c
日本スターバックス物語──はじめて明かされる個性派集団の挑戦

日本スターバックス物語──はじめて明かされる個性派集団の挑戦

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

この本は、ビジネス書ではなく物語。 「スターバックス、なんか持ってるんだよ」 スターバックスが生まれた理由のひとつ。 理屈じゃない成功者のセンスがカッコいい! 情熱から始まった日本のスターバックス。 そして成功が積み上がると、利害関係者での厳しいビジネスの交渉。 あれだけのブランドを築くまでの道のりはやはり険しく参考になる。 スターバックスの冒険は今も進行中。

1日前

Icon user placeholder3665eda2 3d97 4fb7 958e c54d92fc4a00B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2 8