Btn appstore Btn googleplay
9784120052705

性風俗に通う夫、整形で美しくなった親友、愛した父の不実。人生の折返し点で知る〈真実〉が、主婦・絵里子を柔らかに変身させる――妻でも母でもない道が、鮮やかに... 続き

コメント

2020年111冊目。すごく好き。誰しもに思い出があって、でもその日々を美しいままに保つってむずかしい。思い出の日々から地続きのはずの今なのに、大事にできなくなるの、不思議だけどよくわかる。
「私はね、機嫌よく死にたいのよ。ただ、それだけ。この世からいなくなるときに、あんなことしておけばよかった、こんなことしておけばよかった、なんて、後悔したり、誰かをうらんだりしたくはないの。やりつくしたー、生きたーって思って死にたいのよ。」
「何か特別なことをしなくちゃ、人は生きてたらだめなのかな?」0707

読者

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10Icon user placeholder25e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616C0378ab4 fe92 4a46 98d4 c28fbb1a40bdIcon user placeholderIcon user placeholder0a8261be d1bc 4543 bd01 f88e0ad6835b 7人

窪美澄の本