Btn appstore Btn googleplay
9784120052712

「ポリアモリー(複数愛)に理解があること」が条件のシェアハウスで暮らす四人の男女。たがいの愛のありようをはかり、揺れ動く感情に翻弄されつつ、表面上は日々は... 続き

コメント

ポリアモリー複数の愛

読者

31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208d328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a

奥田亜希子の本

ファミリー・レス

ファミリー・レス

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

家族または家族未満の登場人物たちの家族小説。 人は皆、別々の人間なのだから決して100%満ち足りた関係にはなれないと分かっていても、「家族」という関係にあるというだけで人は相手に多くのものを求め、傷つけ、傷ついてしまう。 とは言え、本書の登場人物たちは妙に物分かりがいいかも。 それも「家族」未満の良さかもしれないけど、儚い繋がりだなぁとも思う。

3年前

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea438aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ad8491c8 7d79 4bfe 8cab 340eb81a809a
透明人間は204号室の夢を見る

透明人間は204号室の夢を見る

807a63ad 5d2a 4e56 967f 55980bfaec41

Yu Aki

出版社で働いています

孤独な私は、誰からも見えていない。 自分は、本当に存在しているのか。孤独を感じる主人公が抱いたのは「自分は透明人間だと思い込む話」。 透き通るかのように清らかな文章の中に、感情の機微が輪郭を持ってはっきりと描かれる不思議な筆致力。次回作も読みます。

約5年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c8870230d 5270 4d09 9530 2574d3a04576562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a