Btn appstore Btn googleplay
9784087717037

香りは、永遠に記憶される。きみの命が終わるまで。 元・書店員の一香がはじめた新しいアルバイトは、古い洋館の家事手伝い。 その洋館では、調香師の小川朔が、... 続き

コメント

好きだから手を離したことを思い出した。香りは忘れてしまったけれど、いつか、突然出会うときを楽しみにしていよう。
もっと手間ひまをかけて自分を形成したい。

読者

605a0a38 bf2c 4be8 9071 a3ec3c85ec16201b687c 1b43 4282 a890 5644508f053b1ee0aae6 33ba 464f 8b07 5c7dbbb1674253e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aFc8ced74 884f 44f2 a0d1 48cbf0ad861438aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f8C46789a4 85cd 4a00 915e 64180de4e1b4 10人

千早茜の本

魚神

魚神

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

時間も場所も定かでない、遊女屋街くらいしか目立つもののないうらぶれた島。 拾われ、遊女として売られるために育てられる少女白亜と、彼女にそっくりな弟スケキヨ。 二人の過酷な運命を恐ろしく、そして美しく書き上げた作品。

8か月前

1e79cffe 032f 4b3a a4d3 004d1dd31478Icon user placeholder