Btn appstore Btn googleplay
9784041089842

自由自在に時空をまたいで進む物語は、100人以上の登場人物の日常が織り込まれたタペストリーのよう。覗いているうちに、読者もまた、著者の作り出す世界の住人に... 続き

コメント

奇書。

登場人物は誰もがどこか、自分たちが歩んできた人生といま現在の状態に違和感を感じているようだ。

或いは、特段の変化なき日常において訪れる、奇妙な体験。

この物語はデジャヴュと白昼夢の連続である。
または、逢魔ヶ時というべきか。

こうした奇妙な体験は健康な人でもしばしば生じる。

奇妙ではあるけれど、これらはてんかん発作までには至らないが、疲労やストレスのほかに感覚器官から受容された刺激と知覚・記憶・経験がうまく融合できなかったために生じる脳波異常であることを現代の我々は知っている。

それでも、奇妙さや不思議な体験である。

この物語はそうした奇妙さを読み手に残す。

物語として面白いかと問われるとわからない。

それでも、白昼夢を体感することができる奇書として、興味深い体験だった。

私の書く文章にそっくりで、展開も想像に難しくなくて怖かった

読者

Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37Icon user placeholderBf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31aF0d3c079 94d9 480b a3d4 0732b4de4dfa89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476 11人

江國香織の本

甘い罠―8つの短篇小説集

甘い罠―8つの短篇小説集

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

小川洋子さんと、桐野夏生さんと、高樹のぶ子さんの話が特に気に入った。 恋愛ものの罠ばかりかと勘違いしていた。 男を老人が恐怖に包む罠もあれば、書道家を過去の因縁で陥れる罠もあれば、男女の渦巻く罠もあれば、囀るような心清らかな作家が出てくる話もある。 ジャンルの違う料理を1度に食べたような、不思議な気持ちです。

17日前

E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd6d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e
なかなか暮れない夏の夕暮れ

なかなか暮れない夏の夕暮れ

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

小説の中にある小説。 本から目を離した時には、自分が何故ここに居るのか、ここは何処なのか分からなくなる。 どんどん新しくなる江國香織さん。 だけど、どこか詩的な部分があるから、ずっと好きなままでいられる。 主人公の読んでる小説が差し込まれるので、構成が複雑になる分、読書家は共感できる部分が多いのでオススメです。

8か月前

Dckc0uk4 normal18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf73b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d