Btn appstore Btn googleplay
9784087717044

敵は、先入観。 世界をひっくり返せ! 伊坂幸太郎史上、最高の読後感。 デビュー20年目の真っ向勝負! 無上の短編5編(書き下ろし3編を含む)を収録。 ... 続き

コメント

小学生達を主人公にした、短編小説集。どの話も読んだ後スカッとする爽快感がある一方、昔を懐かしむような郷愁がある。基本的には、独立した短編だが、ゆるやかにつながっており、だからこそ最後まで読むとジワジワと感動できる。言葉のセンスも、作品の底に流れる思考も含め、やっぱり伊坂幸太郎は面白いなあと思わせる一冊。自分の中で一番好きだったのは「非オプティマス」。久保先生の言葉一つ一つが心に響いた。

以下、各話の要約。

『逆ソクラテス』
ソクラテスが「自分は何も知らない」ということを知っているのに対し、担任の久留米先生は「自分は何でも知っている」と思い込んでいる「逆ソクラテス」であった。草壁を劣等生と決めつけ、見下した態度を取っていた。その先入観を覆すべく、安斎は「僕」と様々な作戦を立てる。
「僕はそうは思わない」

『スロウではない』
運動が得意ではない僕の隣にはいつも悠太がいた。二人はいつもドン・コルレオーネの真似事をして気分を晴らしていたが、「僕」はくじ引きによって同じように運動が苦手な木村花らとともにリレーの選手になってしまう。
「ドン・コルレオーネ、いじめっ子は許されるんでしょうか」

『非オプティマス』
いつも同じTシャツを着ている福生はみんなから貧乏だと思われている。でも、もしオプティマスプライムのように変形したら・・・「今、僕のことを馬鹿にしている人は気まずくなるだろうね」とつぶやいた。「僕」と福生はわざと缶ペンケースを落として授業妨害を首謀する騎士人を苦々しく思っていた。担任の久保先生はそんな騎士人を止めることができなかったが、授業参観の日にこう言った。
「一番重要なのは」・・・「評判だよ」

『アンスポーツマンライク』
「僕」は「歩」という名前に反して、いつも肝心なときに大事な一歩を踏み出すことができない。ミニバスの試合の大事な場面で「僕」が躊躇ったこと、そして駿介が躓いた後にアンスポーツマンライクファウルを犯してしまう。それから年月が経ち、「あの時」と同じように、躊躇ってはいけない時がやってくる。
「もしアンスポーツマンライクファウルだったら、相手はフリースローが与えられた上で、さらにリスタートの権利がもらえる」

『逆ワシントン』
「僕」の母は桜の木を切ったワシントンを例に出し、「真面目で約束を守る人間が勝つんだよ」と力説する。一方、クラスメイトの〈教授〉は、ワシントンの逸話はのちの創作だと否定する。誤ってドローンを男の人の前に落としてしまったとき、「僕」の頭を、母の言葉がよぎる。「ちゃんと謝る、とかも大事でしょ。悪いことをしたら謝る、って意外にできないから」僕が足を踏み出した時、同時に〈教授〉の言葉もちらついた。

子どもを経て大人になったから今だから響く作品なのかなぁと思ったり。

子ども時代にこんな一場面があったらなぁと思いながら読んだ。
でも、似たような事はあったのかもしれない。忘れてるだけで。

自分が忘れていた感覚や体験を思い出させてくれるかのような作品でした。
年齢によって感じ方が違う作品なのかなと思います。個人的には大人になればなるほどこの作品に対する感動が深くなるのかなと思います。

サクサクと軽快に。メッセージ性というよりは箸休めのような。

2020年71冊目。/20200503

本選びのキホンだけど
装画は文を裏切らない
著者20年目の渾身作
まごうことなき傑作だ

逆ソクラテスを読んだ後、少し勇気が持てます。基本的に1話完結ですが、繋がっている部分もあり、そういう部分を考察しながら読むのも楽しいです。

僕はそうは思わない    by 安斎

子育ては初めてだし、何が正解なのかいつも分からないから、ほんと難しいよ。ただ少なくともお父さんは、自分が親に言われたり、やられたりして嫌だったことはやらないようにしているつもりなんだ。だから謙介も親になったら、お父さんたちの良かった部分は真似して、駄目だった部分はやめるんだぞ。そうすれば、ほら、だんだん完成形に近づいていくんじゃないか?

             by 謙介の父

読者

A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa3Picture431f9835 b474 4f55 b1cd 9eb1fb31855cF c3en8m normalEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b479435febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4Icon user placeholderWtwl43ev normal 79人

伊坂幸太郎の本

クジラアタマの王様

クジラアタマの王様

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

これ、いつ描かれた作品!? 途中で思わず発行日を調べてしまうくらいリアル。 いつもの伊坂幸太郎作品に比べ、ファンタジーな要素がイラストと組み合わさり、それが伊坂ワールド独特なリアルな部分との交錯が絶妙。 「現実は、僕の触れるこの、今体感しているここだった。情報でも、ましてや夢の中でもない。」 物語の展開も、後半に向かうにつれてグングンとスピードアップ!ページをめくる手が止まらない。 伏線回収も相変わらず絶妙。 一気読み、そして読み直し間違いない!

3か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d 36
ホワイトラビット

ホワイトラビット

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年108冊目。楽しい。超楽しい。わくわくしながら読み切った。そういうことかーーー!!ってなるのが楽しくてやめられないから、伊坂幸太郎さん、一生本書き続けてください。なにとぞ。0703

8か月前

Icon user placeholder7d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b396Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 20
バイバイ、ブラックバード

バイバイ、ブラックバード

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

借金を重ねて〈あのバス〉で恐ろしいどこかへ連れて行かれることになった星野一彦。彼は怪物のような巨体で常に他人に悪態をつく女性繭美とともに、交際する5人の女性に別れを告げに行く・・・という話。 登場人物の誰もがキャラクターが立っている。 主人公の星野は悪びれもせず五股をかける最低の男のはずなのに、馬鹿正直で何故か憎めない。そして5人の女性は怪盗の真似事をする突拍子のないところがあったり、冷静な女優なのにどこかズレたユーモアがあったり、どの女性も素敵だ(星野が惹かれたのも頷ける)。 そして繭美も性格が悪いだけの女ではなく、星野と関わっていく中で少しずつ心境の変化がしていく。だからこそラストでいい味が出ている。 6本の短編からなるが、自分としては「パン」になりたかった、という下りが1番感動した。 全ての登場人物への愛を感じる面白い小説だった。

8か月前

6b5d05fc 88a6 499c 8b25 d866f0e68364E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Icon user placeholder 12
オー!ファーザー

オー!ファーザー

057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7

SaI

アプリ登録したばかりの初心者です…

すごく面白かった!最初から最後まで読むの止まらなくなりました。個性的な登場人物たちのやりとりや、様々な謎のピース。最後はあぁー、ここに伏線あったのかと伊坂幸太郎ワールドのどっぷりとハマりました! 父親が4人とか、高校生の男の子グレるじゃない?とあらすじだけ読んだ時思ったが、個性的でありながらも息子思い(子離れできない?)の父親に囲まれてすこし鬱陶しいと思いながらも何だかんだ父親たちが好きな由紀夫にすこしほっこりとした気持ちになります。 個性的な登場人物のテンポのいい会話はの楽しさはミステリー要素もあり面白い小説ですので是非とも読んでほしいと思います!!

10か月前

Upfdb05g normalAaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36bIcon user placeholder 30