Btn appstore Btn googleplay
9784005008919

同じ場所を3回通るとかすれていくナビ、目盛りが素数の位置にしかない素数ものさし、足でこぐ車椅子は、効率化や自動化の逆にある「不便益」の発想から生まれたデザ... 続き

コメント

rotulo→rubrica

rozar電気工事までgraduacion

granduacion de la vista

rubicundo! alcoholica↑

Una bala le rozo el brazo,rudeza

読者

527e3357 b7ac 4fb6 ac60 985baaeeafe946da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed6

川上浩司の本

不便益という発想~ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも 行き詰まりを感じているなら、 不便をとり入れてみてはどうですか?

不便益という発想~ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも 行き詰まりを感じているなら、 不便をとり入れてみてはどうですか?

Fbc572cd 6c50 4437 8bb8 aa9f8a320c54

アルフ

ノンフィクションとSF好きなアラ…

「不便であるからこそ得られる益」=「不便益」を解説した本。平易な文章とともに様々な事例が紹介されている。本そのもののレイアウトやデザインも考えられていて、サクッと読める。 「便利」「楽」それは果たして「豊か」とイコールなのか?という問いは仕事の設計だけでなく、人生そのものにおいても大事ですね。遠回りするからこそ見えるものや得るものもある。

9か月前

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b24d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431