Btn appstore Btn googleplay
9784758413497

鯨塚とも呼ばれるガケ下の町。僕は、その町で「流星新聞」を創刊したアルフレッドの手伝いをしながら暮らしている。 その町には、「オキナワ・ステーキ」というお店... 続き

コメント

吉田篤弘さんの本を読むといつも優しい気持ちになれる。この物語の中に出てくるような場所が、現実にもあればいいのにな。せめて夢の中だけでも訪れたいような優しい世界のお話でした。

この人の話らしく、ゆっくりゆっくり進む感じですが、他の作品と比べると、動きや展開があり、まさに「映画が先にあり、そのノベライズ」のようでした。

まさに映画になってほしい本です。

読者

5a342a50 af70 4047 92f2 775a77df958638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0dIcon user placeholder 8人

吉田篤弘の本

奇妙な星のおかしな街で

奇妙な星のおかしな街で

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

なんとなく日常で思うこと、気づいたことのエッセイ、といっていいのかな、そんな作品です。 他の作品では、慌ただしい現代やそのテクノロジーの移り変わりに少し辟易しているようなところが、ちょっと…と思うこともありますが、この本は掌編ばかりなものの、どれも愛おしく、でも現在の生活で満足、という前向きな現状維持感が良かったですね。 「3番目が重要」って、考えたこともなかったけど、ううむ…確かに、と思ってしまいました。

約1か月前

7f5831bb 02d1 4395 95ba b745478513487735f997 3879 4462 b098 45474928d55d53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a
チョコレート・ガール探偵譚

チョコレート・ガール探偵譚

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2020/6/24読了 途中までは、「チョコレート・ガール」という魅力的なタイトルの成瀬巳喜男監督の映画が、フィルムが存在しない映画だということから、著者が残された資料やエピソードから新たに小説として書いたものが最後の方に載るのかなぁ、と思いながら読み進めていた。まさかの国会図書館のマイクロフィルムで原作小説が残されているのを発見するくだりに、この本が「チョコレート・ガール」という作品をめぐるノンフィクションだったことを初めて理解した。タイトルからキラキラした可愛い冒険譚やひと夏の思い出的な小品をイメージとして思い浮かべてたから、実際の内容はだいぶ違ったなー。

5か月前

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aAea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91b
フィンガーボウルの話のつづき

フィンガーボウルの話のつづき

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

吉田篤弘さんの本を読むのはこれで3冊目だ。 この人の書く物語はいつも優しい。ずっと、終わらなければいいのにと思うほどに読んでいて心地よい。 見つけた人から幸せになっていくおまもりのような本です。

8か月前

おやすみ、東京

おやすみ、東京

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

深夜の東京で働くタクシーの運転手や映画の小道具係や電話なんでも相談係や探偵たち。 あとがきによると、それぞれが1冊の本が書けるほどの背景を持つという魅力的な登場人物たち。 一見すると孤独にも思える彼らが、まるで星と星を結んで星座が出来上がるみたいに、きれいに繋がり幸せをつかむ物語は、眠りに入る前に読む大人のためのおとぎ話のようだった。

約1年前

Eec1adb6 6135 41da 99ee 7f29daa9f3f8657cdc2f c4dc 4b18 b49e 93579b43d37d84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7 15