Btn appstore Btn googleplay
9784299005304

『木曜日にはココアを』で第1回宮崎本大賞を受賞した青山美智子の2作目が待望の文庫化。 失恋のショックから立ち直れないミハルは、ふと立ち寄った神社で、お尻に... 続き

コメント

猫にお告げをもらう7人の物語
登場人物の描写がリアルすぎて
感情移入度がハンパないっす!

読者

Inttc re normal9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476

青山美智子の本

木曜日にはココアを

木曜日にはココアを

52fa3bd1 8ca5 4467 ae1f c9c56b50dfbf

はたけ

一軒のカフェから始まるショートストーリー。 一体感のある構成。 ほっこりあたたかな物語。 わたしたちは、知らないうちに誰かを救っている。

7か月前

Akiaivjyeuyp25rambwaC3a59203 fba6 43c3 aee1 1a8c39b0c6177078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892 24
猫のお告げは樹の下で

猫のお告げは樹の下で

Icon user placeholder

gemini

seeking for

普段生きていて感じる嬉しいこと、腑に落ちないこと、悔しいことは、ただ通り過ぎていってしまう経験の連続だけど、この作者さんは、そんな日々の大切なところを切り取って、シーンにして伝えてくれる。心を描写しているので、他人の物語だけど自分にも繫がるストーリーばかり。 もう一つ、自分は何もしてないと思っていても、二次的、三次的に人の幸福のために関与していたということを、そっと伝えてくれる。

1年前

7001964c becf 4101 bfb0 9e9ac7ca6b3c04a28a0c 7774 4bf0 b704 4cb68e19e0d3190ab0c3 6e4e 4073 a8db e63ebbe04945 8