Btn appstore Btn googleplay
9784480815507

NHK「あさイチ」で紹介、大反響!!発売 2 週間で5刷 10万部突破! 大ヒット作『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に次ぐ、 待望の最新エ... 続き

コメント

哀愁のおっさん讃歌。

現在の英国の「おっさん世代」の経済状況、医療体制などを面白おかしくのぞき見ることができる。

日本と比べて大人達の距離感が近いのかな?
それぞれの登場人物の人生背景から現在の状況・悩みまでポップに話は進み、気づけば愛おしく思えてくる。
皆が時代の流れに影響を受け、異なる事情を抱えながらも、湿っぽい雰囲気はなく楽しんでいるようにさえ見えた。

ブレイディみかこさんの作品はやっぱりどれも面白い。

読者

06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67Picture5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66dAce6a2d2 0963 4fb7 a2de 8e6e7c02c936978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c265b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc6F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f 14人

ブレイディみかこの本

MONKEY Vol.21 特集 猿もうたえば

MONKEY Vol.21 特集 猿もうたえば

B2800c38 e9b8 4ada be0b 85374fb62dfa

図書館小僧

雑多にいろいろ読むけど、アメリカ…

今号のMONKEYは「音」がテーマ。インディアンの口承詩が素敵だった。住民から自然発生的に生まれてみんなで使っていくための歌なんだけど、だからこそシンプルで親しみやすくて滋味深い。「岩にしみいる蝉の声」みたいに、その場の空気が心にポーンと差し込まれるような魅力がある。

10か月前

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろー

学生、基本文庫本

『子どもたちの階級闘争』に続いて読了。

約1年前

Icon user placeholder89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eK6jqrfu5 normal
人口減少社会の未来学

人口減少社会の未来学

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

michi

建築設計事務所勤務

内田樹氏の呼びかけで10人の論客がさまざまに論じた人口減少社会の未来について。ヨーロッパの「反緊縮」潮流に関する論考、AIがもたらす変化へ国民は何にプライオリティを置くべきか、精緻な統計分析による思い込みの払拭、一次生産者たちとの密な関わりなど、どれも密度が高く面白いです。

2年前

B825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d49601fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa