Btn appstore Btn googleplay
9784908155079

コメント

 

「ミナを着て旅に出よう」から17年経過していたのか!前著もそうだけど陸上部の話が読みたかった。そして高校でのつながりがその後に生かされているのを知ってワクワクした。伊勢丹の藤巻さんもたしか同校出身だったかも。「人のなかに残る「よい記憶を」つくるきっかけになるもの。それをつくりたいのだ。」p.200 ここにグッとくる。

「百年のうち三十年は自分が全力を尽くしてあとは仲間に託す。百年かけてなにかを達成するための土壌を作る仕事(中略)自分に与えられた仕事はそれだ。」p.126

長距離走者としての考え方が今も続いている。

皆川さんの真骨頂は長く続ける意思と諦めない心だ。

読者

PictureF1ad454c 6f2c 497f b9e6 d1cdbb0a486e01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a 3人

皆川明の本

今日のまかない

今日のまかない

9a2b6729 e01f 4069 bba9 990f42412830

しましま

最近読んだもの、 思い出したもの

まかない。の概念を覆すほど贅沢で手の込んだ品々。これは本当にまかないなのか?まかないって、本で紹介するのか?でも、クリエイティブ。

約5年前

Icon user placeholderA0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d916b6b3e e558 4cf8 a58a 123e6fdfb25e
ミナを着て旅に出よう

ミナを着て旅に出よう

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

単行本が出たのが2003年。ふと本屋で文庫を見つけて立ち読み即購入。10年の体力ある仕事本すごい。 ミナに魚の絵柄が多いのは皆川さんが魚市場で駆け出しの頃働いていたから。

約6年前

Icon user placeholder01ed68e2 bf99 42b8 9af2 7f129069674f4d222427 8c2d 4a3f 8065 ce8c79c5a272