9784087211009

発行元から

藤子不二雄Aの名作漫画『笑ゥせぇるすまん』では、主人公の喪黒福造が日常のどこにでもいるような老若男女を言葉巧みに陥れていく。
喪黒は“誘惑の悪魔"として、様々な手段でターゲットを破滅に導く――。人間は誰でも驚くほど簡単に騙すことができる。
そして、人間の心は簡単に操ることができる。
喪黒福造というキャラクターを分析しながら、喪黒の“騙しと誘惑の手口"を脳科学の視点で考察し、「人間の心のスキマ」を解き明かす!
巻末には藤子不二雄Aとの対談も収録。

■主な内容
ココロと呼ばれるものの正体
「悪の教科書」というタブー
絶対に守れないルールを課す
「意志の力」は、いつか必ず負ける
人間の脳は、全体像ではなくパターンを認識する
心を開かせるために、相手の目を見て話す
相手が感じる「後ろめたさ」を利用する
優秀な営業マンが美男美女とはかぎらない理由
人間の「我慢の総量」はあらかじめ決まっている
喪黒福造が狙う月曜日
怖がらせることなく、命令する
サイコパスの世界観
喪黒福造が誕生するまで
感情と理性
感情と理性
嫉妬心を認める

■目次
はじめに 簡単に騙される、人間という悲しい生きもの
第一章 あるべくして不完全な人間の脳《『笑ゥせぇるすまん』の世界観》「ココロのスキマ…お埋めします」という名刺
第二章 ラポールの形成《喪黒福造の接近テクニック》喪黒福造のコールド・リーディング
第三章 騙されるメカニズム《ターゲットの心を操る喪黒福造》人間の我慢の限界は、なにで決まるか
第四章 騙されやすい脳と、騙されにくい脳 詐欺師たちの常連客
第五章 藤子不二雄A×中野信子 対談「僕は喪黒福造に陥れられるターゲット側の人間ですよ」

■著者プロフィール
中野信子(なかの のぶこ)
一九七五年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。
東京大学工学部応用化学科卒業。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。
フランス国立研究所ニューロスピンに博士研究員として勤務後、帰国。東日本国際大学教授。
著書に『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』『サイコパス』『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』
『不倫』『キレる!脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』『あなたの脳のしつけ方』など多数。

中野信子の本

人は、なぜ他人を許せないのか?

人は、なぜ他人を許せないのか?

41b9f359 9360 448c 90b1 46b4c2ec7acf

パパセラ

3児のパパで医療人

他人を許せなくなる背景には、文化や習慣によって生まれた内集団バイアスという脳のクセによるものがある。この思い込みは前頭前野の衰えが関与しており、是正するためには食事、睡眠、メタ認知がkeyになる。また、現状維持バイアスからの脱却も必要になるだろう。

約2か月前

Icon user placeholderC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4F19eb923 86ef 4bb0 aee5 41e194a303dc 12
生きるのが楽しくなる脳に効く言葉

生きるのが楽しくなる脳に効く言葉

549f432e 7704 4aa6 b47c da98b6c76e65

あーさん

40過ぎて、読書に目覚めました

脳科学者の中野先生がわかりやすいシンプルな言葉で、生きるヒントをくれる。 いくつになっても脳って騙せるんだな。

1年前

ヒトは「いじめ」をやめられない

ヒトは「いじめ」をやめられない

38451cdc e56f 4314 8344 18478af54975

ちーさんぽ

いつでも活字を持ち歩きたい。

 結束力・団結力が強固な集団ほどいじめ発生リスクを孕んでいるということが、とてもわかりやすく書かれている。とくに脳の発展途上にある子供は、理性や道徳のみでは歯止めが効かず、深刻化しやすい。続く後半は具体的な対策例が挙げられている。  どうやら人は、いじめ(バッシング)によってドーパミンを放出し、快感を得ているらしい。  子供に対してはどう教え諭すか、大人の自分自身はどういう心がけが必要か、ただ「いけないこと」として言い聞かせるのでは、これまでと同じ。誰も(サイコパスは除いて)が加害者になり得る可能性があるならば、時々自分を客観的に、偏りのない視点で振り返る必要があると感じた。

1年前

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd638c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2Ce3b56d0 18f6 46af afaa d2186d684c8a 20