Btn appstore Btn googleplay
9784791772391

毒殺事件からアメリカ社会を描く。 1915年から1936年までの20年間――「ジャズ・エイジ」と呼ばれる狂騒の1920年代を含むこの時期に、アメリカの法医... 続き

コメント

毒薬大全みたいなのを期待していたのだが。

読者

1af7e026 b86c 407a b0c9 68745fb4206d

暮らし

教養としてのスーツ センスなし、お金なし、時間なしでもできる世界レベルの着こなし

教養としてのスーツ センスなし、お金なし、時間なしでもできる世界レベルの着こなし

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

仕事でほぼ毎日着ているスーツ。 なのに、あまり深く考えたことないなー。 ということで手にした一冊。 スーツだけでなくシャツやタイなど、ビジネススタイルに欠かせない基礎知識がスッとに理解できる。 今までの間違いに気づき、もったいない仕事人生をしてきたとすら感じさせられるくらいタメになる。 実践内容も決してムリなレベルではないのがよい。 著書の中で、 自分が選択した「スタイル」を身にまとうという感覚を手に入れたら、スーツを着られる毎日は楽しくて仕方ないだろう。 これが、努力や積み重ねをした者だけにもたらされるリターン。 人は見た目の判断を重要視する。 毎日着るスーツスタイルを楽しみたい! 手入れも忘れずに。

4日前

997c3259 e433 4d21 80f5 0c1e1ce9edc0Icon user placeholder
マーケティング脳 vs マネジメント脳 なぜ現場と経営層では話がかみ合わないのか?

マーケティング脳 vs マネジメント脳 なぜ現場と経営層では話がかみ合わないのか?

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

現場と経営層ではなぜこんなにかみ合わないんだろう。という普段の仕事で葛藤がある中、この本の存在を知り、即アマゾンで注文。 この本に書かれているのは、「マネジメント」と「マーケティング」の戦い。 著者によれば、それは「利き脳」が違うからと。 「マネジメント」の人間は「左脳タイプ」で、論理的、分析的考える。 「マーケティング」の人間は「右脳タイプ」で、直感的、総合的に考える。 有名企業のブランド戦略を軸に、25のケースの比較をズバッとした切り口で解説。 ちなみにこの戦いは、マーケティングがいくら優秀でも、最終決定権はマネジメントにあるため、両者の「和解」なくして終わらない。 そのためには、結局は双方がお互いを理解する必要がある。 自分はどちら(右脳?左脳?)と考えながら読み進めると、自己分析にもなり楽しい。

4日前

B05cead5 e2a5 4ce4 9606 abe590dfa9a53a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fe8007feb40>