Btn appstore Btn googleplay
9784163912233

牛、羊、鹿、鴨、ホルモン、鯨……うまい肉が生まれる現場にはソウルがある!・“害獣”を地域の恵みに変えた島根県美郷町モデル・「肉にも旬がある」ジビエ料理のフ... 続き

コメント

0221
2021/02/26読了
肉が食べたくなる。
グルメ本ではなく、食肉文化とそれを取り巻く人間たちを描く。
食用として育てる人たち、野生の動物たちとの向き合い方や付き合い方からの町の変化、調理する人たちなど、様々なストーリーがあって私たちが食べているんだなあと。
ジビエが流行っているけど、食べるだけでなく届くまでのストーリーを知るとさらに美味しくなる。
肉の部位などの人気はずっと変わらないと思っていたけど、変化していることにびっくり。
本に出てきたお店行きたい。

読者

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d 3人

平松洋子の本

洋子さんの本棚

洋子さんの本棚

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

本を語ってる…かのように見えて、その実、彼女達の深い考えが幾たびも語られる…そんな「目から鱗」な作品でした。 取っ掛かりは小説や映画なのですが、そこに出てくるキャラクターの奥に潜む感情面をあますことなくすくい上げて、それを今度は自分達や周りの人達といった「一般化」して日常に落とし込む…わたしはそこまで深く本を読めてるだろうかと、急に恥ずかしくなってきます。子供の頃や学生の頃に読んだ本で衝撃を受けたものを、大人になった今再び「何故衝撃を受けたのか?」を紐解き直すという作業の凄さに驚きました。 それもこれも、2人の洞察力・読解力の高さによるものなのですが。 この本の中で紹介されてる作品も、いつかは全て読み尽くしてみたいですね…!

約1年前

ほんのきもち

ほんのきもち

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

贈りものにまつわる物語。豪華な先生方のお名前がずらり。〝ほんのきもち〟に込められた思いが贈りものの素敵なところです。このお菓子美味しかったから、あの人にも食べてもらいたいなぁ、と、私の場合はそんな軽い気持ちから始まります。相手に喜んで貰いたい気持ちは、知らず知らずのうちに自分の喜びにも繋がっていたり。一緒に過ごす時間だけでなく、離れている時も大切な人達のことをゆっくりと考えたい。お互いにちょっとした幸せをシェア出来ること、それってなんだか楽しい。

1年前

17df5234 b9e5 4ab1 aab4 edf1339aef9e3ecfa6e2 dbd5 4560 82db bd99dda82dcdIcon user placeholder
泥酔懺悔

泥酔懺悔

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

瀧波ユカリさんのエッセイで爆笑。 平松洋子さんは私の中で料理・エッセイというイメージだけで読んだことはなかったが、はじけた人間性が垣間見えたので著書も読みたくなった。

1年前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c7f8c9ce5 b37f 4b47 8603 306305ff1b6a
そばですよ

そばですよ

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d

IRIS

みすず書房・絵本・詩・ショートス…

立ち喰い、文化遺産認定の一冊

約2年前