Btn appstore Btn googleplay
9784049132267

生きづらさを抱える水森陽向は、真夜中、不思議な声に呼ばれ、辿りついた夜の公園で、衝撃の光景に目を見張る――そこでは十代の子ども達が、壮絶な殺し合いを繰り広... 続き

コメント

引き込まれる文章で、とても面白かった。
私はもう大人だけれど、どんな時代にも思い当たる節があるのではないかと思う。

読者

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

新刊

緑のなかで

緑のなかで

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

大学生を真面目に楽しんでいる双子の男子のお話。進路に悩んだり、友達の良い所や出会う人の事を思って感じながらの日常。自分の子供たちはこれから学生生活を謳歌するのか、どんな生活を送るのかなと思ったら、嬉しいと素直に思った。

約2時間前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5
ゴールデンタイムの消費期限

ゴールデンタイムの消費期限

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

かつて天才少年ともてはやされた、高校生小説家綴喜に届いた「レミントン・プログラム」への招待。 賞味期限切れの天才たちを再生させる「レミントン・プロジェクト」とは何なのか? 集められた「元天才」たちが知る、現実の残酷さと可能性を描いた作品。 斜線堂有紀は、才能が枯渇した小説家と、少女との交流を描いた『私が大好きな小説家を殺すまで』を以前に書いている。このテーマによほど関心があるのかな。

約5時間前

アイム・トラベリング・アローン オスロ警察殺人捜査課特別班

アイム・トラベリング・アローン オスロ警察殺人捜査課特別班

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

オスロで起こった少女連続殺人事件。 少女たちは人形の服を着せられ、首には「一人旅をしています」というタグが付けられ無惨に殺されていた。 犯人の異常性もさることながら、次の犠牲者を救うためこの事件を捜査する警察官たちもまた常識外れ。 双子の姉を死に追いやった男を捜査の最中に射殺してしまったミア、そしてその上司で数学マニアのムンク、転職1日目でこの特捜班に入れられたホワイトハッカーなど一癖も二癖あるメンバーたちが揃う。 シリーズ一作目ならではの少々挑戦的なトリックや犯人設定の無茶、都合の良い巡り合わせなども目立つが、おそらく掴みとしては上々では。 オスロのピンと張り詰めた空気が感じられるような怜悧な文章も好みなので次作もぜひ読んでみたい。

1日前

だから、もう眠らせてほしい 安楽死と緩和ケアを巡る、私たちの物語

だから、もう眠らせてほしい 安楽死と緩和ケアを巡る、私たちの物語

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

生き方と死に方は表裏一体で、生きて築いてきた関係性とか社会との関わり方とかが最期の選択肢を増やしたり減らしたりする。 本書には主体的に死に方を選びたい患者と周りに委ねたい患者が登場するが、どちらも主治医である著者に出会えたことで自分の生き方を貫けたように見えて少し羨ましい。 今の日本では、信頼できる医師や医療従事者を見つけなければ自分の死に方はなかなか実現できない。 改めて、死に方を考えることから、生き方を考えなければと思う。

1日前

A433c3d7 bfb2 4e0e b771 1cc3c540c94aC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4