9784781619040

発行元から

すべての映画は政治的だ!ディストピア化する世の中にファック・オフ!ガラパゴス化する邦画市場、終わらない80’sリバイバル、不毛なポリティカル・コレクトネス論争、世界を埋め尽くすディズニー帝国の覇権、ファンダムの肥大と映画批評の行方……今、映画にある危機を語る。『映画秘宝』二代目編集長・田野辺尚人氏との鼎談を収録。

目次

はじめに

第一章 ガラパゴス化する日本の現在地
  日本ではロケができない?
  身内/よそ者で区切る鎖国意識
  若者の「洋画離れ」ではなく、「金離れ」
  日本人の自我が、風景まで拡張している?
  『全裸監督』で描かれた「架空」の歌舞伎町
  日本の悪い面を描くと国辱映画?
  日本映画からリアリティが欠如してきている?
  日本のIPは流出している?
  「世界中で公開」という宣伝文句の実態
  作品の評価軸が「情緒」になっている?

第二章 終わらない「80’sリバイバル」と「ノスタルジー消費」
  量産される80年代作品の「リバイバル」「続編」
  スピルバーグが掘り当てた鉱脈「郊外映画」とその影響
  ファミリー向けを装いつつ、実は大人買い狙い?
  “ダサい”80年代カルチャーは漂白されている?
  「エアロビ映画」を思い出せ!
  トム・クルーズ、若作りしすぎ問題
  歴史修正主義としての『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
  興行収入ランキングで振り返る80年代映画

第三章 「アンチ・ポリティカル・コレクトネス」の不毛な議論に終止符を
  「ポリコレ」警察VS「アンチ・ポリコレ」派の実情
  PCの起源は「言い換え」運動から
  ハリウッドにおけるキャスティング考
  「ショック・バリュー」の意味を知れ!
  「被害者しぐさ」に隠された、屈服させたい欲
  「#MeToo」運動に行き過ぎはない
  映画祭について回る政治色

第四章 世界がディズニファイされていく
ディズニーの席巻はいつからか?
  資本主義が当たり前、映画が製品となった世界
  マーチャンダイジングで埋め尽くされる
  ジョン・ラセターに漂う仄暗さ
  挑戦を忘れたディズニーの危機
  ディズニーランドのやりがい搾取
  プッシーとジャンキーの関係に?
  「パブロフの犬」状態になった観客

第五章 映画批評に未来はあるか
  『ジョーカー』も『ダークナイト』も、自称ジョーカー?
  子どものころに触れた映画評論
  「後追い世代」じゃいけないか?
  伝説の『悪趣味洋画劇場』ができるまで
  「映画秘宝」が掲げた編集方針
  ヨシキ、ホークが「映画秘宝」に参加するまで
  「秘宝系」という括りについて
  「映画批評」のゆくえとは?

おわりに

新刊

失敗しない定年延長

失敗しない定年延長

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

Kazutaka Takao

ジャンルを問わず無類の本好き

残念なシニアを量産しないためには、まずは企業の人事制度の抜本改革は待ったなし。今はまだ数が少ないシニア人材であり目立ったものではないが、今後、加速度的に増えていくことを考えると、企業はシニア人材の有効活用にフォーカスせざるを得ないことは間違いないということであろう。

約11時間前

その溺愛、お断りします 4

その溺愛、お断りします 4

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

松丸くんの手掛けたお店を気に入って 芸能人のさくらちゃんが事務所に依頼にきた 松丸くんは張り切るが何度書き直してもOKが貰えず 莉子が手伝ってさくらちゃんの記事を調べヒントにして何とかうまくいった 莉子の父にはめられ 莉子は父の部下の東馬ハルさんと食事をすることに 虎鉄に言えないまま当日を迎え お店を出たとこで接待を終えた虎鉄と鉢合わせ 堂々とした警察官のハル 対 元ヤンの虎鉄 ハルさんとてもいい人

約14時間前