9784492800881

発行元から

★前著『脳の力を100%活用するブレイン・ルール』が世界31言語に翻訳、50万部以上売れた著者による、「100年人生」を楽しく過ごすための、脳にいい生き方の本。

【本書の主な主張】

■脳には非常に適応力があり、環境の変化に加え、自らの変化にも反応する
■脳は加齢によるシステムの崩壊を、自ら修復することができる
■若い世代とつきあおう。ストレスや不安が減り、うつ病にもなりにくい
■ダンスは運動になり、社会的交流を増やし、認知機能を高める
■老化に対して楽観的でいることは、脳に良い効果をもたらす
■65歳以上のアメリカ人の10人にひとりはアルツハイマー病を患っている
■カロリー制限は、睡眠と気分を改善し、エネルギー・レベルを高める

【本書で紹介されるルール】

■ルール1 友だちを作ろう。友だちになってもらおう
・パーティに行く人ほどインフルエンザに強い
・あらゆる年齢層の友人を持つのが理想的
・1日に15分の体のふれあいでも効果的

■ルール3 マインドフルネスは脳を静めるだけでなく改善する
・長引くストレスは海馬を破壊する
・正しいマインドフルネスを選ぼう
・マインドフルネスは脳の配線を変える

■ルール8 思考を明晰にするために、十分な(しかし、長すぎない)睡眠をとろう
・ちょうどいい睡眠時間は6~8時間
・眠るのに最適な気温は、およそ18℃
・ベッドに入る4~6時間前の行動に注意する

■ルール10 引退は絶対にやめよう、そして、郷愁を大切にしよう
・理想的ライフスタイルを「ブルーゾーン」に学ぶ
・引退すると、うつ病になるリスクが40%高まる
・1日に3時間半以上本を読むと寿命が23%延びる

目次

序章 科学的に証明された「100年脳トレ」

1 社交には驚きのプラス効果がある
第1章 すぐにダンスを始めよう
第2章 楽観的に、感謝を忘れず過ごそう

2 脳の劣化を抑えるための具体的方法
第3章 正しいマインドフルネス――最強のストレス対処法
第4章 記憶力を維持するには
第5章 テレビゲームは脳に効く――認知プロセスを鍛える
第6章 アルツハイマー病の(今わかっている)すべてを語ろう

3 体と脳の深いつながりを意識しよう
第7章 脳機能を高める食事と運動
第8章 思考をクリアに保つ睡眠習慣

4 脳に良いライフスタイルで過ごそう
第9章 なぜあの人の脳は衰えないのか
第10章 決して引退してはいけない

暮らし

なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか

なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか

F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b6

UD

読書好きの友達に影響されて、読書…

アセットマネジメントとしてのリノベーション。 20年やり続けて、やっと社会が追いついてきたとは、途方もない。 どんな事業も事業者が先に飽きてしまうというのはまとを得ている。 本題に関係ないかもしれないけれど、海外留学って大事かもなーーと思った。

約11時間前

世界でいちばんおいしいお米とごはんの本

世界でいちばんおいしいお米とごはんの本

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

日本人に生まれたからには、おいしいご飯を食べたい! 五つ星お米マイスターの女性米屋が教えてくれる 世界一おいしいごはんの炊き方 お米の世界 お米が主役の食べ方 自分の身近にありすぎて、普段何も考えずに口にするごはん。実はかなり奥深い。 とりあえずコシヒカリ。から脱却してこだわりの銘柄見つけだけでも楽しい。 この本を読見終わったら、最高のごはん生活が待ってる。

13日前

Cfe392bc 92a8 4719 be8b 9d9d639d8793Icon user placeholder
感染症の日本史

感染症の日本史

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

NHKでお馴染みの磯田さんによる、感染症の日本史。江戸期にも隔離施策はあったけど、主目的は藩主や天皇の感染を防ぐためというのが第一義になっているのが面白かった。 定額給付金も、ロックアウトもこんなに古くからあったとは。 国内で45万人の死者を出したスペイン風邪については多くの紙面を割いている。政治家や、文豪、庶民の女性まで、幅広く当時の世相を拾っていて、感染症蔓延期の雰囲気が生々しく伝わってくる。

18日前

C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13E3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e5929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7