Btn appstore Btn googleplay
9784797370799

世界をリードする日本の工作機械ですが、それらを自在に扱うには加工技術を知らなければなりません。本書は、樹脂や金属加工に使われる基本的な加工法を解説し、NC... 続き

コメント

絵が多くて分かりやすい。良かった。

読者

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

新書

地下鉄の駅はものすごい(942)

地下鉄の駅はものすごい(942)

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

大江戸線がオイルショックで経費削減のために車両を短くしたり、本来予定してなかった駅を作ることになったとは知らなった メトロの1ヶ月の電力料金、高低差を利用して節電、最大深度など興味深く読んだ。

1日前

Icon user placeholderEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e908634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
茶の世界史 改版 - 緑茶の文化と紅茶の世界

茶の世界史 改版 - 緑茶の文化と紅茶の世界

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

昔のイギリスでは緑茶を初めに飲んでいたそうです。面白いですね、自分の中の茶に対する固定概念が変わりました。 和紅茶に昔日本が力を入れて輸出に挑んだけれど、失敗した歴史の部分が個人的にお気に入り。学ぶ所が多くて好き。 消費物として『商品』となった茶の歴史と、薄れゆく『精神文化』(茶道の精神)の関係性には侘しさを感じました

25日前

Icon user placeholderIcon user placeholder7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892
クラシックCDの名盤 大作曲家篇

クラシックCDの名盤 大作曲家篇

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

この本を買った時、「あー、同じ本を2冊買ってしまったー。」と思ったが、先のは平成11年第1刷発行の『クラシックCDの名盤』、今度は平成26年発行の大作曲家篇。前の教科書的な案内書と変わって、実に楽しいエッセイ集みたいになっている。執筆の三者が各々の想いや好き嫌いも正直に書いている。 僕は特に中野雄氏の『丸山眞男 音楽の対話』に感動したひとりなので、よりうれしい一書である。

約2か月前