Btn appstore Btn googleplay
9784140057148

96の季語から広がる、懐かしくて不思議で、ときに切ない俳句的日常。 俳人でもある著者による初めての「季語」にまつわるエッセー集。散歩道で出会った椿事、庭... 続き

コメント

持っている本の中で、一番装丁が可愛らしい。

読者

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5760819ce ace5 4f53 8375 8c978452b9236c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c97d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b396 4人

川上弘美の本

某

Ff1cb923 bcef 44f4 8315 7966a8811a55

かりんとう

小説なら川上弘美さんあたりが好み…

訳あって久々の読書となったが、あぁこれぞ川上弘美という読後感。この物語でないと語られない、人間が人間になるとはどういうことなのかを深く掘り下げた作品。そしてさすがと思ったのは、男⇄女の恋愛が取り払われて、人⇄人の物語になっているということ。見事としかいいようがない。

6か月前

三度目の恋

三度目の恋

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

読後、本を閉じ表紙のタイトルを見て、思わずため息が出た。 昔昔の安らかな恋も、昔の燃える恋も、何故こんなに違うのに等しく愛(かな)しいのでしょうか。 怒りという感情からは無縁な、落ち着いた川上さんの文は居心地が良く、安心します。

約1年前

甘い罠―8つの短篇小説集

甘い罠―8つの短篇小説集

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

小川洋子さんと、桐野夏生さんと、高樹のぶ子さんの話が特に気に入った。 恋愛ものの罠ばかりかと勘違いしていた。 男を老人が恐怖に包む罠もあれば、書道家を過去の因縁で陥れる罠もあれば、男女の渦巻く罠もあれば、囀るような心清らかな作家が出てくる話もある。 ジャンルの違う料理を1度に食べたような、不思議な気持ちです。

1年前

森へ行きましょう

森へ行きましょう

3dc97b0b faa4 45a4 9dc9 9ae077fd1c5c

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

同じ日に生まれた「留津」とルツ、平行世界に生きるふたりはあったかもしれないもう一ついや数多くの可能性を秘めた人生という名の森を歩む。 「無数の岐路があり、無数の選択がなされる。そのことを「運命」というらしいけれど、果たして「運命」は、一本道なのか。左を選んだ時の「運命」と、右を選んだ時の「運命」は、当然異なるはずで、だとするならば「運命」は選択肢の数だけ増え続けていくのではないか」p.106 この運命の奇妙さとはいかに。 そして奇妙な運命というやつに翻弄されながらも「みんな、森に行っちゃうんだな。ルツは思う。森で、迷って、帰れなくなって、でもそれでも、いつの間にかどうしても森に行っちゃうんだな。」p.548 人生という森は怖くもあるけどおかしいこともある。 「すあま、食べたかい。ピンクのすあまが、おいしいよ」p.410

1年前

10