Btn appstore Btn googleplay
41oag4dbf1l

あふれる叙情、胸に刺さる切ない一冊。 続き

コメント

林静一の描く女の子みたいに生まれて来たかったです

読者

032036b7 8657 454b 88ad 18dc70d8c47a

林静一の本

ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

4年前

7d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b396B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269
赤色エレジー

赤色エレジー

12461c6f 508a 4709 b49c 08b3c839e2ef

lttrs

日本近代文学が好き

どこかで聞いたような当たり前のセリフひとつひとつが、存在感をもって胸をえぐる。最後のセリフにとどめを刺される。切ない。

5年前

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a88ed11913 5b94 46fb 9e7b ee8a31e157cc0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2eb