61njqczlwtl

コメント

ずーと同じこと言っててまさかこのまま最後までいくの?いくんかーい(*_*)て本だった

「農薬が危険」なんてことは今の時代当然の認識だとおもうんだけど、昔はそうでもなかったのかな?そうすると100年後には「洗剤なんて危険なもの使ってた昔の人は何を考えていたんだろう」とか言われてしまうのだろうか?

すごく暗い気分になる本ですが、大事な、大事な事が書かれてると思いました。地球が心配な方々は読んでみてください。

読者

1c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9d35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411cafIcon user placeholder10bb20d9 05fe 4ebd a7ad ec7b5e5709437ea3b3ae 4375 4410 b0c0 0d5175f0e1934b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c0606a62b392 6f13 4a96 ae2b a9ac2f08df5dBf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26 22人

文庫

ツナグ

ツナグ

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

新刊(続編)が出ると聞いて慌てて読んでみる。 対象喪失と対象関係の再配置の物語だった。 「生まれついての死刑囚」である人間にとって死は誰にでも平等に訪れる。 大切な人である対象にも例外なく、平等に。 しかし、死は時として前触れなく、行くものも残る者も、どちらにも十分な準備ができていないうちにやってくる事もある。 その時に感じる対象喪失体験は残された者にとって深い体験となる事は多いし、当然でもある。 死の受容、或いはモーニングワーク。 否認、怒り、取引、抑うつ、そして受容。 対象喪失では概ねこの4段階を経る。いずれの段階に費やす時間とエネルギーは均一ではなく、場合によってはある段階に何年も何十年も留まり、或いは受容へ至る事ができない事も多い。 そして、喪失した対象が自己にとって重要であればあるほどに、時間とエネルギーが必要になる。 構成が素晴らしいのは喪失した対象が徐々に身近で、かつ激しくなっていく点。 「アイドルの心得」では他者。通りすがりでかつ、面識もほとんど無い、一方通行の好意を抱いた相手に対して。 「長男の心得」では、初老を迎えた父親、家督を継いだ男性にとっての母。 「親友の心得」は疾風怒濤の時期にある思春期女性にとっての親友。 「待ち人の心得」ではプロポーズを経た後これから生活を共にしようと待ち望んだ夫にとっての妻。 そして、「待ち人の心得」では。 徐々に愛着対象が身近に、記憶も鮮やかに、喪失体験も激しいものへと移ってゆく。 それでも死者にもう一度会うという体験を通じて、残された者は死を受け入れ、その体験を自己に取り込んでゆく。 取り入れられることは驚嘆や尊敬、安心感や自己肯定感など暖かいものだけでなく、罪悪感と言った激しいものも含まれる。 陰性の感情も陽性の感情も、混然一体となった感情ひとつひとつが激しい感情の集合体としてのコンプレックスは、ツナグによる体験によってそれぞれの関係性が星座のように繋がり、やがて残った自己が航海を続ける上で人生にとってのコンステレーションとなる。 使者と書いてツナグと読む。ツナグのは今生きている人の過去と現在と未来という、自己の同一性だったのかもしれない。 ここまですごい物語だったのに続編が出てしまう。 しかし、すぐに読み始める前に少しだけ時間を置きたくなるのはいまこの物語を読んだ体験を次にツナグための時間がほしいからかもしれない。

約2時間前

726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012Icon user placeholder1f038acc bbec 43c9 b9cb 3522f6e76f4c 180
図南の翼 十二国記

図南の翼 十二国記

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

十二国記エピソード5 玉座は座るのでなく、背負うもの。供王珠晶、登極までのお話 『風の海 迷宮の岸』が王を選ぶ側の物語だったけど、こちらは麒麟に選ばれる側の物語。昇山ガイドブック的な? 終盤、例の人の再登場はテンション上がる。

約21時間前

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935Icon user placeholderF3f3887c 6dee 4882 8118 25c96aa0088b 15
世界の終わり、あるいは始まり

世界の終わり、あるいは始まり

A65a3b75 57ee 4fe6 8ebe 5cfff9275cf7

str

偏食

半分ほど読み、この小説の構成を理解し、楽しみながら最後まで読みました。面白かったかと聞かれれば、面白かったと答えるが、どこか消化不良感が否めないのも事実。歌野晶午作品は数種類読みましたが、この作品は私にはあまり合わなかったかな、というのが正直な感想。

3日前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec061ececf a88a 4645 acd6 4dca1be4cf997262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d 21