51sss%2bavy4l

発行元から

無実の死刑囚を救い出すために与えられた期限は三ヶ月、報酬は一千万円だった。不可能とも思える仕事を引き受けた二人の男に待ち受けていた運命とは-手に汗握る展開と、胸を打つ驚愕の結末。現代社会の罪と罰を問い、圧倒的なサスペンスで読書界を震撼させた江戸川乱歩賞受賞作。『十年ぶりの後書き』収録。

高野和明の本

グレイヴディッガー

グレイヴディッガー

Afd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871f

桐野

東京の小学校で日々、子供たちとじ…

東京がとても広く感じる本。 市井の名もなき悪党が巨悪を滅ぼす瞬間がとても痛快だった。 ただ、幽霊は出して欲しくなかった。

約5年前

幽霊人命救助隊

幽霊人命救助隊

9e4732d6 f564 43af 9658 5d84fecaa215

Nobuyuki Iwakura

このアプリをきっかけにたくさんの…

生きることの意味を教えてくれる一冊です。

約5年前

3d8b2a69 4198 4cc8 aefa bfcfee9a60e7458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7 19