51%2ba9l6yyll

発行元から

「それはダメ」「勉強しなさい」と言っていませんか? その口ぐせは子どもの才能を萎縮させているかもしれません。「男として、カッコ悪いよ」と言うと、ヤル気も湧いてくるもの。接し方を少し変えてみれば、夫の無神経さや舅の頑固も愛おしくなるはず。尊重しあうことで、家族の絆はきっと深くなる。脳と感性の研究者であるリケジョが綴る、愛情溢れるヒントが満載、痛快エッセイ!

黒川伊保子の本

息子のトリセツ

息子のトリセツ

Icon user placeholder

こりす

私も息子の母になれてよかったと思えた。 育児書としてではなく、脳科学者の温かい子育てのストーリーを聴かせてもらったような気分。 子育ては大変なことも多いし、これからもっと大変なことが待っているかもしれないが、おおらかに息子に接していきたい。二度とない、今、この瞬間を大切にしたいと思えた。

3か月前

娘のトリセツ

娘のトリセツ

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

確かに、この世で一番深い男女の関係かも。 その気づきが、娘と妻との接し方を変える。 勉強は何のためにするのか →ものの見方を豊かにすること 「こうなりたい」を目標にしてはいけない。 「こうしたい」を目標に。 そして‥ 娘への愛は、無条件でなくては意味がない。そこに娘がいるだけで愛おしい。その気持ちを、ただ、ことばや態度にすればいい。 娘と父親の関係は、ドラマや周りの話からとっても難しい先入観が邪魔をするけど、答えはきっとシンプルなんだと。 まだ8歳の娘。 してあげれることがいっぱいある。 楽しみだ!

5か月前

女と男はすれ違う!

女と男はすれ違う!

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

Kazutaka Takao

読書は自分の思考回路のチューニン…

今まで著者の本を何冊が読んできたが、今までの内容の復習のような感じの一冊だと思う。

5か月前

ヒトは7年で脱皮する

ヒトは7年で脱皮する

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

Kazutaka Takao

読書は自分の思考回路のチューニン…

人の気持ちの移ろいや物事の流行り廃りは7年ごとに変化がおとずれる。28年経てばすれば真逆になり56年経てばもとに戻る。同じことを7年間続けると飽きがくるが、それもそのはずとこの本を読んで妙に納得してしまった。

5か月前