Btn appstore Btn googleplay
51i8 cmu4ql

たとえば、苔むして古びた水路の先、住宅街にひしめく路地のつきあたり。理由も分らずたどりつく、この世界のひとつ奥にある美しい町"美奥"。母親から無理心中を強... 続き

コメント

恒川さんを読むのはこれで3作目。
描かれる世界感、やっぱりはまます。ある種ファンタジーだと思っています。不思議な、古風な、少し妖しげな世界です。

ファンタジーは世界感に入り込むまでに時間がかかるタイプなんですが、恒川ワールドはすぐに入っていけます。
通勤読書中、完全トリップして乗り過ごしそうなくらい、毎回夢中になります。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder023b8244 fb79 4fa7 9610 718f00ce02395f9b62a2 3deb 4818 b885 e4426c94be2583d880b4 6ae3 49ea b551 b53166b53fed 5人

恒川光太郎の本

走る?

走る?

D8f80c25 469e 4d37 8112 5d70760370f5

すけP

不思議恐いのが大好き。

恒川光太郎目当てに購入。☻

1年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa