Btn appstore Btn googleplay
51dcpqncb9l

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の... 続き

コメント

実家でよく聞く話を思い出した。

熊襲撃もの その2

北海道のとある開拓村での事件をもとにした、ドキュメンタリー長編。

えっ…人間食べちゃうのね…的な衝撃で始まるのに、あーまた千切っちゃってるよくらいな感覚に、だんだん麻痺してくる。
その場面が、見たわけでもないのに脳裏に鮮明に浮かんでくる描写は、さすが吉村昭。

熊怖すぎる。無理無理無理。

本で
自然を相手にするという緊張感を感じたのは初めて。

雪の降る真夜中に読んだらダメよ…

心震えました。
僕は山の中で3回 熊と遭遇してますが、ほんとにビビります。ましてや、この本の様な熊が出てきたら、、、。実話なのが本当に怖い。

「女の味を覚えた」その一言が熊の恐ろしさを増幅させ、同時に嫌悪感まで抱いてしまう。
永きに渡り受け継がれる、受け継ぐとは何なのかその理由が分かる。

史上最悪の熊による村襲撃、そのターゲットは女性と子供だけだった。その理由とは!

獣害記録

三毛別羆事件を題材としたドキュメンタリー。非常に痛ましい獣害事件なのだが、同時に「読ませる」、面白いドキュメンタリー。ただ、ウィキペディアの当該ページでも、十分面白いんだよな…

人間は想像する。だから、知らない恐怖に立ち向かうときに足がすくむ。恐怖の正体を己で定めてしまう。

羆の恐ろしさに震えるもよし、孤高の熊撃ち銀四郎に痺れるもよし。
被害者の方達には失礼かもしれないが、しっかりとエンターテイメントしている作品。
定期的に読み返してます。

熊をかわいいと思えなくなりました

読者

Default profile normalDbe4a261 75b3 40c4 b476 5fedcf5bd935Icon user placeholder0b212428 5f9f 45d3 a5d4 d6a040697c46Icon user placeholderUrv34hpr normal5718c3dd 08ae 43f6 b5d5 e0a22349b475Bb9ff419 ca99 4e13 acce ffc12d47e08b 30人

吉村昭の本

彰義隊

彰義隊

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

輪王寺宮の敗走さらに敗走を描く。 後年、あの戦争に参加しあのような最期を遂げたとは知らなかった。

約1か月前

海の祭礼

海の祭礼

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

森山栄之助の出世物語とラナルド・マクドナルドの人生を描いた歴史記録文学。英米などの開国要求により英語通詞の必要性が高まったが、マクドナルドの日本上陸と蘭語通詞森山が邂逅する奇跡がペリーやハリスらとの交渉に大きく貢献する。

2か月前

海馬

海馬

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

副題に動物小説集とあるように人と動物が関わることで起きる物語の短編集だが、対象はあくまで人間だ。マタギのような宗教性こそ帯びていないがストイックな姿の老猟師が魅力的な「銃を置く」、長年愛用していた銃を警察に引き渡すとき「長い間おれの身を守ってくれてありがとう、と、胸の中でつぶやいた」p.203 この場面が特にイイ。この短編は「熊嵐」からの時間軸でのつながりもある。 ただ、映画「うなぎ」の原作にもなった「闇にひらめく」、(「仮釈放」も一部原作になっていると思う)を筆頭に女性観がふた昔まえというかそんなに男性に都合のいい話があるかな?と感じるのも事実。ただ小説が書かれたのは今から30年~40年前なので当時の視点はそうだったのだろう。

5か月前

史実を歩く

史実を歩く

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川

よろしくお願いします。

丁寧な取材と資料の調査に感心しました。

1年前