Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51z7vnehxbl

きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない"私"が出会ったのは手首に傷がある"南さん"とても格好いい"アバズレさん"一人暮らしの"おばあ... 続き

コメント

きっとみんなが悩んだことのある「幸せとは何か」。そして誰もが感じたことあるであろう、子どもの頃の「大人になりたい気持ち」と大人になってからの「上手くいかない人生のもどかしさ」。そんな様々な悩みの答えが見つかるだろう。この本を読んで納得感でいっぱいである。突き刺さるというよりも胸にストンとおりてくる感覚。
読んだ後に暖かく、爽やかな気持ちになる、住野先生はそんな素敵な物語を描くなぁと、前作を含めますますファンになった。いろんな人にこの本を薦めたい。そして読んだ後のその人なりの幸せをきいてみたい。人生とは、○○○。
私もこの先不思議な"縁"を感じることがあれば一生大切にしていきたい。今日はゆっくり眠れそう。

とても暖かい物語だと思った。どうしょうもない後悔を、少しずつ回収していく。

幸せとは?
自分の答えを見つけたくなります。

幸せとは何か。
考えさせられる作品でした。
徐々に謎が解けていく感じが自分的にすごく面白かったです!
また、主人公が個性的な性格で、でも共感できる部分もあり、全体的にとてもよかった!
これはオススメ!(^o^)

忘れていたこと、消し去ったこと、忘れられないこと、覚えておきたいことであふれていた。

そしてあの人に逢いたくなった。

ただ、最後の章の意図することが今はまだわからなかったので、もう一度もうと思う。

幸せってなんだろう
とても考えさせられる話だった
表現が、読者をワクワクさせる。
何度でも読み返せそう!
読むたびに、学ぶことがそれぞれある

南さん、アバズレさん、おばあちゃん。
どれも、多分主人公の女の子が大きくなった姿なんだろうと思いました。
どれも切なかった…

友達がいない、というのは納得した。自分が小学生の時にこんな子がいたら多分、というか絶対に距離を置くだろう。下手に大人びていて近寄り難い。
でも読後感は爽やか。

泣きそうになるポイントが5箇所ぐらい…!
だんだん紐解かれていって、読み返して、いろいろ確認しちゃった。
「人生とは…」っていう例えが全部よく思いつくなぁっていうものですごいなって思った。
サインの「殺すって意味を反対」っていうのがわかんなかったけど”きりゅうー”か!なるほどってなるまでに時間かかった笑

童話のような不思議な物語。
1度読んでタイトルの意味を理解して、2度読んで登場人物たちの言葉がストンと収まる感じ。
前作『君の膵臓をたべたい』とはテイストは違うけれど、物語の根っこにあるあたたかさ、みたいなものはたぶん一緒。

住野よるさんの本はずっと気になっていたんだけど、なかなかタイミングがなく。。やっと読めた1冊です。
とても素敵な本でした。小さな女の子が1冊まるまるかけて幸せとはなんなのかを探す物語。その答えを導き出す手助けをしてくれる彼女の友達もまた切なくも素敵な人たちでした。
ファンタジーだけど、この世界でも考えることが必要で、答えはそれぞれ違うんだと思います。正解不正解がない質問だけども、自分なりの答えを探して、その答えに正直に生きていけたらいいなと思いました。

最近は時間に追いつけてない感じがあったけど、何も気にせず今を楽しんで生きていこうと思った。

主人公の女の子が「幸せとは何か」ということについて考える物語

二冊目の住野よるさん。
すごく読みやすい。全然とんがってなくて、優しい。
誰にでもわかりやすく読める。当たり前のことを考えましょって。当たり前のことを当たり前に考えて当たり前にやる難しさってないよねって。って感じの本。

住野さん期待の二作目。君膵とはまた毛並みの違った話だった。主人公の名前が出てくるタイミングほんとに毎回絶妙過ぎる。ほっこりする話。自分の言葉じゃ良さを表しきれないけど悲しくないのにこんなにぞわぞわする小説どうしたらいいかわかんない。何回も読みたい。

幸せとはなにか。永遠のテーマが題材。ハーマイオニーみたいな少女が3人の女性たちに導かれ、精一杯考えて、過ちに気づき成長し、彼女の得た答えとは?
立ち止まって、再びこのテーマを意識しよう。そう思えたものがたり。

「幸せとはなにか」を考える話。主人公を導く人(?)達が現実にいれば、子供のいじめや自殺がなくなるかもと考えさせられます。
年に1冊は、こういう本を読みたいものです。

穏やかな小説だった。幸せとは何かをずっと考えさせてくれた。今のわたしにはとても意味のある本だと思った。押し付けがましくない自己啓発本。

幸せの大切さが実感できる
本です
読み終えたら、泣いてました

人生とは。
幸せとは…。

当たり前すぎていつもは気付けなかった事に、気付けた気がします。
P.160からのなっちゃんとアバズレさんのやり取りが一番好きかな。

読者

8ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c02A9dd7ea1 c3af 4fef 936c 930350c4b51aEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1Icon user placeholder23eb51fd bf8d 4c03 9768 e4bd0de55ec5C53c70e8 8a6c 41cc a422 3ab1c73eb37c5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2 153人

住野よるの本

よるのばけもの

よるのばけもの

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作者の3作目の本。前作からファンタジー路線になったのでしょうか? 一人の悩みが解決しただけでは周囲は何も変わらないというお話。

8か月前

8ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c02Icon user placeholderF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3 96
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

以前から気になっていて、文庫版が出ていたので読みました。クラスメイトの秘密を知ってしまった僕と、その秘密を抱える彼女のお話。彼女の考え方には、共感する箇所がいくつかありました。 しかし、登場人物の口調、台詞と台詞の間、言葉の使い方などなど.....が、正直私には合いませんでした。あまりのめり込めなかったので泣くこともなく...話題だったのでハードルを上げすぎていたのかもしれません。正直に感想を残します。

9か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bIcon user placeholder 91
よるのばけもの

よるのばけもの

Df5425b1 9ddd 448d acd9 5b43037965e8

kaya

雑魚な情報学専攻M2

いじめがテーマなので、楽しいとか面白いと言った印象はない。 終盤に「本当の自分ってどんなだろう?」と考えさせられた。

約1年前

A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fA73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6aB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 17