Btn appstore Btn googleplay
41m4ppma3zl

同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始... 続き

コメント

いただきます。
ごちそうさま。
食べることを大切にしよう。
美味しい気持ちを大切にしよう。
辛くても、悲しくても、食べて、食べて、元気を出して、回り回って良いことが帰って来ますように。

【食は人をつくる】
おばあちゃんのぬか床、
丹精込めて漬けた梅干、
高級料理よりも憧れちゃいます…

失恋から物語が始まるので、恋愛と料理をテーマにした話かと思いきや、沢山の材料がふんだんに使われたスープのように、色んな要素が盛りだくさんのお話でした。
人によって感じる味が違うのと同じで、本当に様々な味に感じる人が多い作品だと思います。また、食べ物に喩える描写が多いので、違う意味でも様々な味を楽しめる作品になっています。

色んな人の心を優しくノックする。そんな物語です。温かくて優しい料理を食べたくなった時、是非読んでみてください。

なんだかとてもこころがほんわかする本。ほわほわです。

話の流れが早くてすいすい読めるんだけど、ちょっと大雑把すぎるかなと思う。
死ぬことも、生きること(食べること)も、どちらも同じくらい重要なことなので、片方だけが細やかに描写されるとどこか物足りなさがある。
どこだか分からないけれど、人のいない田舎の、山の幸、海の幸の色彩と味わいの豊かな描写が好き。

1日1組のお客様。
誰もが辛いことを抱えてて、けど同時に、誰もが幸せになることができる。ほっこりできる小説でした。

食べることは生きること
と帯に書かれていた。目に入った瞬間
涙がこぼれた。

「料理とは祈りそのもの」
食べるとは生きることだし、他の生き物の命をもらうこと。そのことが、とても丁寧に丁寧に綴られているので、自然に伝わってきます。
おばあちゃんの形見となったぬか床だけを抱えて故郷に戻ったりんごちゃん。反発し続けた母の下で始めた食堂は、願いを叶える恋愛成就の店として評判に。読んでいるうちに料理したくなりました。こんなに手をかけるのは難しくても、食材への感謝は忘れないようにしよう。

料理と食べることをとても丁寧に書いています。読後感もよく、オススメです。

読むと心が感謝の気持ちで満たされました。代わりにお腹が空きます。

食事への思いがより強くなった一冊。食は人を作る。

色んな人がいて、色んなものを作って、色んな自分に会う、
そんな本。

おなかすく本。
ひとつひとつ感じて、大事に。

丁寧に、美味しそうに描かれている食事風景。憧れを感じつつ、自分もまた、食における幸せを感じている日々を有り難く思えた。様々な幸せが見える。こんなに簡単に、料理が、食材が美味しそうに想像できる本は他に無いと思う。リアルすぎず、比喩的でもない。内容も、表現も素敵だと思った。

いのちに素直に生きる人たちが登場人物です。展開が早く、過去を急ぎ足で振り返っているみたいです。

食べることで
しあわせになれるんだ(^^)

美味しい料理が食べたい。会社へ行ってお昼はコンビニ、週末だってコンビニのごはんを食べたりする。最近全然料理をしていない。久しぶりに料理がしたくなった。倫子さんみたいな料理の腕はないけれど。小川糸さんの本を読むと、本当に好きな人と美味しいものを食べたくなる。

すごく食について丁寧に書いてて、料理や食べ物、食べる事を大切にしたいなって思えた。

1日1組のレストランなんて、行けないなー。緊張して味がわかんないよ。

決して高級な食材を使うのじゃなくても心を込めたお料理がとっても美味しいということかな。毎日のご飯に感謝!

読者

5f052e40 b5a1 4c3b ba61 392ba44cebb9Icon user placeholder217f198e fa1b 4762 a43f 418c31991828Icon user placeholder3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc69252d2fc50 f7e0 4c02 bc31 54a1c323ca11Icon user placeholder 153人

小川糸の本

つるかめ助産院

つるかめ助産院

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

家族を失い傷ついたマリアは離島で妊娠が発覚、助産院で手伝いをしながらの生活を始める。助産院に住んでいる独特だが心が温かい人々に囲まれ、自分の自信や時間の過ごし方を取り戻していく。 小川糸のゆったりとした文章と温かい人間性の登場人物に主人公と一緒に読者も心洗われる。お腹の中の赤ちゃんと共に主人公が自分の自信や人生との向き合い方を学んでいく様や、離島の原始的とも言える助産院で人間の本来の生き方を考えさせられる。 キャラクターやストーリーに惹きつけられるが、エンディングだけやや突拍子もない形で終わり、?が余韻として残る。

5か月前

Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed 18
育てて、紡ぐ。暮らしの根っこ

育てて、紡ぐ。暮らしの根っこ

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

父親を辞めると宣言した父親、離婚していないが別居している母親、秀才で独特な兄と、主人公の佐和子の一つの家族の話。 ユーモラスで暖かい空気感に引き込まれていくと思いきや、徐々に今の不思議な家族の形になるに至った切ない理由が浮かび上がってくる。 家族の正しいあり方とは?父親は父親らしく、母親は母親らしく、みんなが考える"素敵な家族"を演出することに疲れていってはいないか。求められる役割を捨て、本当の自分のままでいられる安心できる場所がほしい。 衝撃のラストに涙が止まらなくなる。家族、人間関係、時間、について考えさせられる名作。

5か月前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
ライオンのおやつ

ライオンのおやつ

10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています…

悲しいはずの物語なのに、なぜだかすごく胸が暖かくなって、すごく気持ちのいい読後感でした。 「今、生きている」ということを大切にしないとな と、改めて思わされた作品です。

8か月前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd19Icon user placeholderIcon user placeholder 91
キラキラ共和国

キラキラ共和国

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ツバキ文具店の続き。 大切な人の死と向き合う辛い事も、鳩子さんをはじめとして周りの人々の穏やかさで優しく描かれている。出てくる食べものも、相変わらず美味しそう。

約1年前

Cbe4537b 81b6 402b 9c03 6d41bfb1f9d2Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 17