Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51spmrimnvl

男は武装強盗で20年の懲役刑に服していた。だが白昼に脱獄し、オーストラリアからインドのボンベイへと逃亡。スラムに潜伏し、無資格で住民の診療に当たる。やがて... 続き

コメント

脱獄したオーストラリア人が、インドのスラムに身を潜めて、ってこれが自伝的小説なの??

書いたのはこんな人。

「私の人生の物語は長く、込み入っている。私はヘロインの中に理想を見失った革命家であり、犯罪の中に誠実さをなくした哲学者であり、重警備の刑務所の中で魂を消滅させた詩人だ。」

読者

554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee070ddd3132 6f3c 41eb a8d0 559acbd02149Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7 3人

文庫

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7

mai

((*゚∀゚))

もっと早く読みたかったなあという気持ちと、いろいろ経験した今だからこそいろいろ響くものがあるんだなぁという両方の気持ち。青少年向けに書かれたものだけあって、とても読みやすく、内容がすっと入ってきます。読みやすいけれど、大人が読んでもいろいろな場面で内容が心にグッと刺さる。コペル君の純粋な気持ちに心洗われます。コペル君を優しく導いてくれる叔父さんやお母さん、コペル君のお友達も魅力的です。 解説を読んで、この本がこれからの子供たちへの希望を託して書かれたと知り、著者の思いや時代背景を考えると涙が出そうになりました。 初版本の後、現代風に言葉が変えられたり、内容が省略されたりして出版された本もあるようですが、私はこの岩波文庫版が当時の雰囲気が感じられて好きです。

約5時間前

Icon user placeholder07acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589Icon user placeholder 85
梟の城

梟の城

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

司馬さんの直木賞受賞作だそうで、期待してネットにて購入。 期待を裏切らない楽しさ。 本当に良い小説家ですね。

約10時間前

D9aa0db7 a9ca 4c6f 9e84 ace0cdb1c39bD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f