51spmrimnvl

男は武装強盗で20年の懲役刑に服していた。だが白昼に脱獄し、オーストラリアからインドのボンベイへと逃亡。スラムに潜伏し、無資格で住民の診療に当たる。やがて... 続き

コメント

脱獄したオーストラリア人が、インドのスラムに身を潜めて、ってこれが自伝的小説なの??

書いたのはこんな人。

「私の人生の物語は長く、込み入っている。私はヘロインの中に理想を見失った革命家であり、犯罪の中に誠実さをなくした哲学者であり、重警備の刑務所の中で魂を消滅させた詩人だ。」

読者

554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee070ddd3132 6f3c 41eb a8d0 559acbd02149Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7 3人

文庫

父と暮せば

父と暮せば

0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae

こんな短い中で原爆の恐怖、人間としての生きるということに考えさせられた。

2日前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholderIcon user placeholder 8
よもつひらさか

よもつひらさか

5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b

船星あやめ

新垢。基本的には記録用です

今邑彩さん大好きですが、その中でも一番。出会ったのは何年も前ですが、何度読んでも引き込まれます。短編集なので読みやすい。中でもタイトルのよもつひらさかが特におすすめ。

2日前

De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44a5804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab 12