Btn appstore Btn googleplay
51l4fpkrf1l

ある事件を境に心を閉ざしてしまった17歳のおちかは、江戸の神田三島町で袋物を商う叔父夫婦のもとに預けられる。裏庭の片隅にひっそりと曼珠沙華のひと群れが咲く... 続き

コメント

宮部さんの作品は全体的に時代物がすごくいいと思う。

連作怪談小説集である三島屋変調百物語事始の第1作。
ある事件を境に心を閉ざしてしまったおちかという17歳の少女。叔父の言いつけで、彼女はお客の怪奇な体験談の聞き役となります。
本書は連作小説集で、おちかの聞く話は独立しています。しかし、それぞれの話が絡み合い、大団円を迎えます。この辺りのうまさは流石宮部みゆきさんです。
また、江戸の人びとの人情描写も印象的。何を書いてもネタバレになりそうなので、詳しくは書けませんが、ゾクゾクとして、ほんわかもできるというお得な小説。★★★★

読者

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a894d46ba63 1c1c 46b0 9c59 0d4cf4dee2f8Cfc6c81a 8779 4457 aa15 c154dc56619c 3人

宮部みゆきの本

さよならの儀式

さよならの儀式

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

宮部さんのネタ帳。 SFって久しぶりで倫理観を突きつけてくる。 どのキレもさすが!

約1か月前

Ff3afbab 83dd 4b22 a06f 13ff667288ad372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e964973475 f5f0 492d beba ab9ccb7651a6 12
きたきた捕物帖

きたきた捕物帖

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

「聡いねえ」と北一はおかみさんに言われる。 実は、さとい子であることは、少ないけど 人の世話を焼き、人をつなぐことが身を立てて行く。 今後の話しも楽しみだ

約2か月前

73d99f98 9464 40fd bea4 3b44b4998cb5Icon user placeholderBbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37
名もなき毒

名もなき毒

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

その人にとっての「毒」は形も効果も違う。 杉村三郎の羨ましい存在自体が、毒にもなれば 抜け出せない生い立ちから今の環境もまた、毒で。 人を殺すには、毒の形はさまざまなんですね。

4か月前

042c4960 208b 4c9b 9d72 e0e03cd3a2c9Icon user placeholder6f14bb9b 2bee 4a42 a0c1 1798b49705ea 9