21x8nqz9q0l

発行元から

静寂と孤独を心から楽しむ、フィンランド多島海での短い夏の日々。北欧ファンタジーの傑作「ムーミン」の作者の香り高い短編集。

トーベ・ヤンソンの本

小さなトロールと大きな洪水

小さなトロールと大きな洪水

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d

IRIS

絵本・食・詩・ショートストーリー…

なんとも言えない、ムーミントロールの初版の挿絵の愛くるしさと多種多様な登場人物。そして、大きな洪水。作者は第二次世界大戦の混沌としたなかでしたためた、ムーミントロールの第1話は奇しくも8月の下旬という設定。この物語には癒しに包まれているのはそんな背景があったからかなのか。 ムーミントロールの大きさも想像しやすく書いてあります。

8か月前

C46789a4 85cd 4a00 915e 64180de4e1b40dbc66d3 3d3b 4c07 8010 d812425c8b96C85b5578 7021 4f6d 8879 129e7b2a43b2
ムーミン谷の彗星

ムーミン谷の彗星

662aa9c4 1f53 4c40 a553 bd04c8edcb9c

あにち

主に幻想的な作品が好みです

ムーミンとスニフが未知の星、彗星の正体を突き止める為に、おさびし山の天文台に向かう、冒険色が強い作品です。

約1年前