Btn appstore Btn googleplay
514mlecoaml

比類なく美しい庭園オーブランの女管理人が殺害された。犯人は狂気に冒された謎の老婆で、犯行動機もわからぬうちに、今度は管理人の妹が命を絶った。彼女の日記を手... 続き

コメント

深緑野分という作家を知らない人に、ゴリ押ししてでも、読んでもらいたい作品。短編なので、サクッと読めるのでぜひっ!

読者

4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97ddIcon user placeholderIcon user placeholder4bfea6db 4a89 46cb a2cc 1aea1b25a6bdF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacDa0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d87b2e54d3 bc8e 4cfc b1e0 4b63d92f2bae 7人

深緑野分の本

ベルリンは晴れているか

ベルリンは晴れているか

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

第二次大戦終戦直後のベルリン。 米ソ英仏四カ国連合軍に占領されたこの街で、ひとりのドイツ人が毒入りの歯磨き粉によって殺害される。 容疑者として連行された、ドイツ人少女アウグステは、戦時中孤児として、被害者宅に匿われていた過去があった。 容疑を晴らすためにアウグステは、被害者の義理の息子を探す事を命じられる。 荒廃したベルリンでの、少女の探索行を描く。 圧倒的な暴力が、生命を脅かした時、良心を保ち続けて生きることは困難である。 ユダヤ人、身体障害者、同性愛、共産主義、強制徴用された外国人、数多の少数者を見殺しにしてきた罪とどう向き合うのか。 人間の弱さと矜恃を、改めて見つめ直すことが出来る一作。

9か月前

1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdBbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd1674bfea6db 4a89 46cb a2cc 1aea1b25a6bd 61
戦場のコックたち

戦場のコックたち

Eb4d07b4 490b 4fd6 b427 6678684c96bb

Akira

頬を撫でるような霧雨も強かに日々…

戦争の哀しみ、虚しさが詰まったミステリ。エピローグの余韻にぐっと来ました。映画プライベート・ライアンを思い浮かべて読みました。

4年前

Icon user placeholderIcon user placeholderE1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f8 38