Btn appstore Btn googleplay
41b2x6prcll

1300年間、連綿と続く式年遷宮こそ、日本初のソーシャルデザインだ。サステナブル(持続可能)な社会をつくるために、今わたしたちは何をすべきなのか。さまざま... 続き

コメント

サステナブルが求められる世界において、日本の伝統的な美意識や価値観、文化や技術が極めて有効に活用出来る。そのことは、明治時代にかの小泉八雲こと、ラフカディオ・ハーンが喝破していたと言う。そうなのか。何度か彼の記述が出てくるが、改めて禅、侘び寂び、幽玄、雅、間合い、など簡素な美を宿す日本文化を学び直す必要があるように思って、大変興味を引いた。著者がいうように、少し前のデザインは、色や形を作れる(可視化のプロセス)一部の人のもの(狭義のデザイン)だったが、今はその認識が少しずつ変わり、特別な職能ではなく、どんな人もデザインマインドとスキルを手にすることが出来ると言う。その一方で、デザイナーは、狭義のデザインではなく、企画や経営、環境面をも見越したプロデューサー型のデザイナーになるべきとの厳しい意見も。本当に実力が問われる時代になったものだ。自分へデザイナーには到底なれないけれど、彼らと仕事が出来るレベルにはいたいと思う。

ただ、著者が言うように、今の日本の問題、教育や国際競争力の低下、地方衰退の原因を全てデザインマインドがないせいだ、とは思わない。そんな簡単な問題ではないはずだ。

事例がちょっと古いなとおもったら2014年刊行。なるほど。それにしても、最後事例紹介で終わってしまうのはどうなのか。最後のまとめ的な章がほしい。1番伝えたいメッセージが伝わらない。あと、事例の説明もイマイチ分かりづらい。。。はい、辛口ですいません!!

2021.01.04

読者

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed59d66b88 a752 495a 9c95 3496452d9b185a88aaec 0c6b 4bb1 872c 52c53f582ee4 3人

社会

フォト・ドキュメント 世界を分断する「壁」

フォト・ドキュメント 世界を分断する「壁」

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

トランプが不法移民対策としてメキシコとの国境に壁を作る、と言ったときにはなんと馬鹿なことを言うんだと思ったのだけど、ふと前から壁があったような...と思った時にちょうど目についたので手にとってみた。やはり随分前から壁があって場所によってはかなり立派な。そして自警団的に休暇を利用して国境警備をしている一般市民までいる。トランプみたいにtwitterで言わないだけで例えばオバマ政権のときも160万人以上を壁のところで捕まえて阻止している。ほぼ同じ民族、文化を有する人たちを分断する物理的な壁ってバカバカしいと思うのだが本作のようにたくさんの写真まで掲載されるとその思いが更に増す。有名どころでは38度線、イスラエルの入植地、北アイルランド、マイナーなところだとキプロス島、モロッコが西サハラに敷設したもの、そのモロッコにスペインが飛び地を主張して敷設したもの、インドがカシミールに敷設したもの、同じくインドがバングラディシュとの国境に張り巡らせたものなど。分断のばかばかしさと不条理さを理解するにはうってつけの作品だと思います。

6日前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261C335b1d3 ec69 47b0 b017 eb7221575797