51lwqunk11l

殺された一人の老人。手がかりは、今は存在しないはずの黄色いアサガオ。深まる謎、衝撃の結末、一気読み必至の柴田錬三郎賞受賞作。 続き

コメント

東野圭吾はやっぱり奥が深い(^_^)

最後まで気になってすぐに読んでしまった
だけど、今までにあったよう心を大きく揺さぶられるような描写が
なんだか少ないような気がした

先が読みたくて止まらず一気読みしました。

黄色の朝顔の鮮やかさと毒々しさが良かった。幾つも交差する事と視点が複雑で楽しかった。おじいさんの手紙の文が良い、書き留めておきたい。

文献のみで確認されなかった幻のアサガオを巡り、人と人とが複雑に交錯し、事件をより深くしていく。

スキマ時間にゆっくり、2ヶ月ほどかけて読んだものの、登場人物の一人ひとりが記憶にしっかりと残り、消化不良感無く読み終えられた。図らずもアサガオの映える季節に読めた事に数奇さを感じられたのもまた一興でした…

おもしろかった。色々知識としても学ぶことがあった。
自分の家は名字の割りにはおもしろい話ないからなぁ~

話の大元を作る。それを巡る人々の特殊な人間関係を作る。最後に大団円と、流れはいつも通り。でも面白い。

読者

32a40768 a699 4685 a45b be12d2c5567bIcon user placeholderIcon user placeholder4a5770dc f434 408b b687 c0f9f2ee75f4E37f110e 0979 4d7e 8d00 0dc7e43f95c70d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bF31e36dc 4ce3 4735 975c cd4212413c645f76b979 bc32 4544 9975 37e3f740f3bb 46人

東野圭吾の本

ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

10日前

5b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf00129325301 5937 4135 883e 7c7551e3f76cDfd5ce13 2356 47d8 aac5 7ba58df4cac7 38
危険なビーナス

危険なビーナス

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

毎回楽しく読ませていただいています。 今回の主人公が珍しく俗っぽいのは、冒頭から違和感満載なのを誤魔化すためでしょうか? 最後は社会派ミステリのような感もありますが、やはり面白いです。

27日前

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f468b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9 11