51lwqunk11l

殺された一人の老人。手がかりは、今は存在しないはずの黄色いアサガオ。深まる謎、衝撃の結末、一気読み必至の柴田錬三郎賞受賞作。 続き

コメント

最後まで気になってすぐに読んでしまった
だけど、今までにあったよう心を大きく揺さぶられるような描写が
なんだか少ないような気がした

先が読みたくて止まらず一気読みしました。

黄色の朝顔の鮮やかさと毒々しさが良かった。幾つも交差する事と視点が複雑で楽しかった。おじいさんの手紙の文が良い、書き留めておきたい。

文献のみで確認されなかった幻のアサガオを巡り、人と人とが複雑に交錯し、事件をより深くしていく。

スキマ時間にゆっくり、2ヶ月ほどかけて読んだものの、登場人物の一人ひとりが記憶にしっかりと残り、消化不良感無く読み終えられた。図らずもアサガオの映える季節に読めた事に数奇さを感じられたのもまた一興でした…

おもしろかった。色々知識としても学ぶことがあった。
自分の家は名字の割りにはおもしろい話ないからなぁ~

話の大元を作る。それを巡る人々の特殊な人間関係を作る。最後に大団円と、流れはいつも通り。でも面白い。

読者

Icon user placeholder8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be7Icon user placeholder6c196f0d b107 480e 8ccc 043dc6e00bf832a40768 a699 4685 a45b be12d2c5567bIcon user placeholderIcon user placeholder4a5770dc f434 408b b687 c0f9f2ee75f4 50人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

15日前

8a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be7 25
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

約1か月前

F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37e0508ce27 f36d 47ad 8a43 cd82b1c976ea733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 34
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

3か月前

C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac80c53aa4 34ca 4e28 addc 8b268be3bda4 67