Btn appstore Btn googleplay
51emkzyjm3l

利休vs.秀吉、最悪の結末までの真実とは一体――。「信長の棺」著者が戦国最大にして最後の謎に挑む! 茶聖と称される千利休は、天下人となった豊臣秀吉の寵愛を... 続き

コメント

利休にとって何が闇だったのか?
むしろ秀吉の闇ではないかなぁ
ちょっと物足りない気がした。

読者

B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff24ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da9092cbf6407 bad0 4c2d ac3d ff6401021ca2 3人

加藤廣の本

求天記―宮本武蔵正伝

求天記―宮本武蔵正伝

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

武蔵の小次郎との戦いの後の物語。 でも、やっぱり小次郎までが面白いね。 フィクションとしてどうかな? 本物は、ちょっと違ったと思う。

4年前

水軍遙かなり 下

水軍遙かなり 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

九鬼守隆の生涯を描いた作品。 爽やかな青年が成長と共に苦悩していく、晩年の覇気の無さは寂しい。

4年前

水軍遙かなり 上

水軍遙かなり 上

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

九鬼水軍の話ですが‥ 主人公がやけに優秀すぎて現実感に欠けるが、海賊物は何故かワクワクする。

4年前

信長の血脈

信長の血脈

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

加藤 廣氏の作品を最近は読み続けています。 これは短編集でサクサク読める感じ。 新しい角度からの歴史観。

4年前