Btn appstore Btn googleplay
51bx5fypc9l

青春の追憶と内なる魂の旅を描く表題作ほか6篇。著者初の短篇集。 続き

コメント

綺麗なヴェールに包まれているような感じがして、心地良かった。
特に
「午後の最後の芝生」
が好きです。
夏の強い陽射しが生み出す曖昧さ。
涼し気な木蔭。床の軋み。
真夏の昼下がりに、懐かしい家を、ゆっくりと歩くような気分。

最も好きな短編です。

ニューヨーク炭鉱の悲劇も好きだし、
中国行きのスロウ・ボートを映像にしたくてたまりません。

高校生の頃繰り返し読んでいました。芝生を刈る話は村上春樹さんの誠実な人柄そのものだと思います。

初めて呼んだ村上春樹の小説がこの作品だったな。

「貧乏な叔母さんの話」が大学生当時の自分には一番しっくりきた。
僕の場合は、それはたぶん残念なのだけど、
それが自分の母親なのだと感じた。

村上春樹の初めての短編集。
どの話も印象的。どの短編もハズレなし。

村上春樹、青の時代。

自己憐憫。2人目の中国人の話、やばかった。
テレビの唯一優れた点がある。それは、好きな時に消せること。シャンパンには用途なんてない。栓を抜くべき時があるだけさ。例えば僕が「偶然」という字を書く。しかしこの「偶然」という字体からあなたが感じるものは、僕が同じ字体から感じるものとは全く別のものーあるいは逆のものーかもしれない。

読者

Fe0ef593 2609 4412 b7fa 025421bbfdfbAkiaivjyeuyp25rambwaA3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF9985f81 3e2e 48dc a968 93a6a4611690677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6770d1d8a aa3d 42e3 a14e 07ccee133eb8978b6559 0357 4f22 a9f8 108e8e53bcdf 29人

村上春樹の本

猫を棄てる 父親について語るとき

猫を棄てる 父親について語るとき

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

著者が自身の父について記憶と下調べをベースに回顧する。著者の父は青年期に戦争を経験し、実際に何度か徴兵、出兵した。戦争について多くを語らなかった父ではあったが、数少ない父からの情報や、在籍していた部隊の史実から想像される情報から父が戦争からどのように影響を受けただろうかを語る。 父にインタビューをしたわけでもなく、多くの情報はないが、著者の美しくスムーズな文章と少ない情報を徹底的に下調べした事実から、戦争の惨さや戦死しなかったとしてもいかに一塊の青年を傷つけただろうかが想像できる。 著者が後段で語る。"我々は、広大な大地に向けて降る膨大な数の雨粒の、名もなき一滴に過ぎない。固有ではあるけれど、交換可能な一滴だ。しかしその一滴の雨水には、一滴の雨水なりの思いがある。一滴の雨水の歴史があり、それを受け継いでいくという一滴の雨水の責務がある" 非常に短い本で、感動する小説でも笑えるエッセイでもないが、パパッと読んで、日本の歴史や、父子の関係、などについてぼんやり考える軽いおやつのような本。

29日前

Icon user placeholder9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89A86cc33e 76de 4a83 bee4 f02f90f73489 48