5191jpxaoel

発行元から

母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。判決は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。通常の論理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、理性や人間性の不合理を追求したカミュの代表作。

カミュの本

転落・追放と王国

転落・追放と王国

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

中村文則が課題図書として挙げていたので読んだ。『転落』は、こんなこと書かなくても…という読み難い告白小説。『追放と王国』は短編集、「不貞者」と「ヨナ」が気に入った。特に「ヨナ」は売れるほどに世間から注目され多忙を極め作品を産む時間がなくなり破滅する芸術家の姿が描かれており、強く惹きつけられぐいぐい読んだ。

約3年前

幸福な死

幸福な死

A52704c1 a9b7 4d1a a0b2 5588f7def6a8

0

名言がたくさん。 「お金を持つということは、 その人をお金から解放すること」 「幸福には様々な条件がある、と 思い込むことが間違い」 「大切なことは幸福への意思であり、 いつも現存している或る種の巨大な意識」 「長い間幸せでいることはできない。 一瞬、それがすべて」 「それだから死が何かの妨げになることはない」

3年前

693f3def c09b 44c5 a99c cc17f46010044b01ad38 63a6 41b5 bf13 9f73e04537aa9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf