Btn appstore Btn googleplay
51ewkpzddtl

平穏な日々の内に次第に瀰漫する倦怠と無力感。そこから脱け出ようとしながら、ふと呟かれた死という言葉の奇妙な熱っぽさの中で、集団自殺を企てる少年たち。その無... 続き

コメント

信頼している作家の初期作品。短編。表題作は若者の集団自殺について。

崩れない一定のトーンと、事実?を事実のままに記す文体は、過剰表現はかえって伝えたいことを曇らせるのでは?と気づかせてもくれるのです。

やたら轢死の描写が多くて、毎日通勤電車に揺られている身としては苦しいところもあった。
若さゆえの死の儚さと美しさみたいなものを感じた作品。

死について、朝が来るのと同じように自然に訪れ、身近な存在だと思える瞬間がある。そんな時はコーヒーをゆっくり時間をかけて飲んでいる。

読者

B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1Icon user placeholder89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cIcon user placeholderE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740038aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c 11人

吉村昭の本

彰義隊

彰義隊

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

輪王寺宮の敗走さらに敗走を描く。 後年、あの戦争に参加しあのような最期を遂げたとは知らなかった。

約1か月前

海の祭礼

海の祭礼

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

森山栄之助の出世物語とラナルド・マクドナルドの人生を描いた歴史記録文学。英米などの開国要求により英語通詞の必要性が高まったが、マクドナルドの日本上陸と蘭語通詞森山が邂逅する奇跡がペリーやハリスらとの交渉に大きく貢献する。

2か月前

海馬

海馬

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

副題に動物小説集とあるように人と動物が関わることで起きる物語の短編集だが、対象はあくまで人間だ。マタギのような宗教性こそ帯びていないがストイックな姿の老猟師が魅力的な「銃を置く」、長年愛用していた銃を警察に引き渡すとき「長い間おれの身を守ってくれてありがとう、と、胸の中でつぶやいた」p.203 この場面が特にイイ。この短編は「熊嵐」からの時間軸でのつながりもある。 ただ、映画「うなぎ」の原作にもなった「闇にひらめく」、(「仮釈放」も一部原作になっていると思う)を筆頭に女性観がふた昔まえというかそんなに男性に都合のいい話があるかな?と感じるのも事実。ただ小説が書かれたのは今から30年~40年前なので当時の視点はそうだったのだろう。

5か月前

史実を歩く

史実を歩く

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川

よろしくお願いします。

丁寧な取材と資料の調査に感心しました。

1年前