51 ydsdj6wl

発行元から

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

目次

茶人という生きもの
「自分は何も知らない」ということを知る
頭で考えようとしないこと
「今」に気持ちを集中すること
見て感じること
たくさんの「本物」を見ること
季節を味わうこと
五感で自然とつながること
今、ここにいること
自然に身を任せ、時を過ごすこと
このままでよい、ということ
別れは必ずやってくること
自分の内側に耳をすますこと
雨の日は、雨を聴くこと
成長を待つこと
長い目で今を生きること

森下典子の本

こいしいたべもの

こいしいたべもの

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

たべものにまつわるエッセイとかわいらしいイラスト ぽっかりとした幸せを感じるお話たち。 夜、読むとお腹がすきます

1年前

Cbe4537b 81b6 402b 9c03 6d41bfb1f9d2Icon user placeholderIcon user placeholder 56
好日日記―季節のように生きる

好日日記―季節のように生きる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

「日日是好日」の続編。こちらも淡々とお稽古の様子や季節の移り変わりが描かれているのですが、それだけではなく所処に気づきがある。お茶を通しての、気持ちの有りようなど。 この本にはスピリチュアル要素は全く無いのに少し前に読んだ吉本ばななさんの「違うことをしないこと」と近いものを感じた。

1年前

Icon user placeholder7f79f660 102e 4b50 81b5 c63d20073d8d