51aruw0yzbl

発行元から

◆100冊読んでも変わらない人から、
1冊読んでも変われる人になる「読み方」

・本を読んでも何も身についた気がしない
・時間がないから、そもそも本が読めない……

そう考える方は多いと思いますが、実は、それは読み方が違うのです。
本書では、マッキンゼーという超多忙な職場にいながらも、確実に本を読み、身につけていった著者の本の使い方を紹介するもの。
たとえば、マッキンゼー時代は短期間で十数冊の本を頭に入れ、それを仕事で参照しながら、より具体的な知識として自分の身につけていったそう。MBAがなくても仕事ができたのは、本の読み方のおかげともいえます。
秘訣は、「行動につながる」ことを意識した読書をすること。
でも方法は意外と簡単なことなのです。
本書ではその方法を紹介していきます。

◆「時間がなくて本が読めない」がなくなる!

「時間がなくて本が読めない」
「積読が増える」
これは大きな悩みです。

本書で提唱する「アクションリーディング」を行なえば、時間がない中でも、本を読みこなし、そして、実践に活かす考え方や仕組みを紹介しています。
1ページ1分のA4メモ書き、フォーマット化して短時間で書く「ブログ」の書き方、ステップアップにつながる「本」のアウトプットの仕方など、アクションの起こし方も充実。
30分でも着実に身につく読み方ができれば、飛躍的に成長ができると実感できます。

なお、Facebook上でも「アクションリーディング 行動のための読書」というグループを作り、みなさんが一緒に「攻めの読書」を続けられる仕組みを作っています。ぜひご参加ください。

◆読者の声
「おもしろかった。あまりビジネス書を読まない自分でも、勉強になることがたくさんあり、多くの方にお勧めしたいです」(20代 女性)

「著者の本とネットを駆使した情報術も参考になった」(20代 男性)

「時間がなくて本が読めないのは、まさに自分。でも、著者の方も悩まれながら、この方法にたどり着いたことがわかり、共感しながら読めました」(30代 女性)

「いつかコンサルタント的な仕事をしたいと思っていたので、その面でも、参考になりました」(40代 男性)

目次

はじめに
数日で15冊ほどの本を読んだマッキンゼー時代
「行動するための読書」を習慣化しよう
「情報をとり、すぐ動く」ことが、急務である

序章「読みたくても本が読めない」5つのの理由
本が読めない理由 忙しくて本が読めない
本が読めない理由 何を読んだらいいかわからない
本が読めない理由 読みかけの本が溜まる・積ん読が増える
忙しい人のための「攻め」の読書術

第1章なぜ、できる人は忙しくても本を読むのか
──本から得られること
M B A がなくても、マッキンゼーのコンサルタントとして活躍できたのは、「本」があったから
視野が広がり、活躍・昇進できる
リーダーとしての素質を作れる
自分で「考える力」がつく
時代に先んじた手が打てるようになる

第2章 できる人は忙しくても、なぜ本が読めるのか
──マッキンゼー時代に身につけた「読書時間捻出術」
本を読む優先順位を上げ本を読む時間に「市民権」を与える
超多忙のマッキンゼー時代に、どう「読書時間」を生み出したか
無理のない「読書習慣」を身につける
本は「必要十分」読めばいい
SNSで仲間を募り、読書を習慣化しよう

第3章 短い時間で、読んだ内容を身につける「集中読書」術
読んだことをそのままデータベースにする本の使い方
読んだ直後にメモを書く。もやもやを全部はき出す
読むときは1冊と決めて集中的に読む
本を買ったら積ん読せず、すぐ読み始める
わからない部分があっても、戻って読み返さない
できるだけネットや電話を切り、集中して読む
「なぜ、この本を手に取ったのか」を意識すると、頭に入りやすい

第4章 できる人は、読んだ本をどう活かすか
──確実に成長するためのチャレンジシート
本を読む時間を制限し、アウトプットの時間を多くとる
読んだらできるだけ人に話す。会話のトレーニングにもなる
読んだら〝チャレンジシート?に書いて宣言し、実行する
読んで半年ほどしたら再読する

第5章 ムダな本で時間を費やさないために
──読むべき本が自然によってくる「情報感度」の高め方
30代になるまでに3 0 0 冊、その半分は小説を読む
3 0 0 冊達成後は週1冊、つまり月4冊、年50冊程度は読む
情報収集の時間をとり、Googleアラートを徹底的に使う
問題意識こそが、深い見識や洞察力を作る
ベストセラーは後回しにする
5年後にどうなっていたいか目標を立てる
情報感度を高める7つの習慣

【付録・私がお勧めする20冊】

あとがき

赤羽雄二の本