Btn appstore Btn googleplay
51gdksejnsl

南極大陸に突如出現した超空間通路によって、地球への侵攻を開始した未知の異星体「ジャム」。反撃を開始した人類は、「通路」の彼方に存在する惑星フェアリイに実戦... 続き

コメント

 15年くらい前に、友人がレンタルしたVHSのアニメを観た、その原作です。
 アニメは呆れるほどつまらなかった。耽美な雰囲気を醸した主人公が薄暗い部屋で、ひたすら豆の缶詰をむさぼるシーンの印象しかありません。
なんでこんなもん、わざわざアニメ化したのやら?と当時は思ったものでした。
 書店で原作を見かけて、15年前の疑問の答えを求めて購入。疑問は解けました。
面白いじゃぁないの。
 南極にワームホールを繋げて、そこから攻め込んできた謎の敵と、超高性能戦闘機を駆って戦う主人公(コミュ障気味で、戦闘機のコックピットが唯一の心のオアシシス)。
次第に謎の敵の正体が機械生命体であることが判明する一方で、主人公の駆る戦闘機のAIは、主人公から戦い方を学習し、人間を必要としない戦闘マシーンとなっていく。かくして、戦場は人間を必要としない、機械対機械の様相を呈し始める。
 昨今、現実の世界でも、AIに仕事を奪われる、なんて話が現実味を帯びて囁かれるようになっていますが、この小説の世界では、もう一歩先をいって、機械が生命体となって、人間にとって変わっていく可能性が描かれています。
 ところで、原作では主人公が豆を食うシーンはありませんでした。

読者

Icon user placeholder267ecc19 3175 454f 914f cd25609bb027Dd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d122431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504eIcon user placeholder414df52b d037 406a 9b01 ef5050b5712aIcon user placeholderAce3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1c 11人

神林長平の本

敵は海賊・海賊版 DEHUMANIZE

敵は海賊・海賊版 DEHUMANIZE

B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7

はやし

岩波大好物

雪風を思わすテクノロジー描写。人物の名前と顔が最後まで不一致だった。これにて一旦娯楽の読書は閉店ガラガラ。オフィスで役立つシリーズをゴリゴリっといくよ。

3年前

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823

35DH-1

映画、音楽に纏わる原稿0枚日記

神林氏のライフ・ワーク的傑作シリーズの3弾。深いテーマでの“人間とは?”を根底に保ちつつ、もう一つのテーマは、クラーク&クーブリックの『2001年宇宙の旅』にも匹敵するくらいの濃さ。主人公深井中尉の一言「ジャムはそこにいる…」、正にこの言葉に尽きる傑作なのであります。

3年前

Icon user placeholder2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e
グッドラック―戦闘妖精・雪風

グッドラック―戦闘妖精・雪風

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823

35DH-1

映画、音楽に纏わる原稿0枚日記

神林氏のライフ・ワーク的傑作シリーズの2作目。前作よりも更に濃く飛躍する逸品。まさにエンターテイメント!読んでて楽しい。

3年前

Dd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d12F1bfbd72 b52b 40ea 92f4 6c824d140769