51hrwrbgg%2bl

木についた傷や足跡などからシカやイノシシの気配を探る。網をしかけ、カモやスズメをとる。手製のワナをつくる。かかった獲物にとどめをさし、自らさばき、余すとこ... 続き

コメント

すごく面白いです。京大卒で猟師になった男の近代的な狩猟生活。衰退する狩猟文化のなかでこういう新しい人が出てきて、次に繋げていって欲しい。害獣被害は深刻だし。自分にも出来そうと思えちゃう。

京都の大学生が猟師になるきっかけ、なってからの体験が綴られた本。
食や動物に対する向き合い方がとてもおもしろい。
カップラーメンに罠で捉えた鹿肉を食べることもあるそうですよ。

「実際に狩猟をはじめてみました」
という狩猟生活について、かなり詳しく書いてあります

イノシシの狩猟方法ひとつにしても
ワナの作り方、仕掛けるポイント、トドメの刺し方
捕まえた後の解体、精肉、料理のレシピも!(写真つき)

「自分で食べる肉は自分で責任を持って調達する」
ただ、それだけ
いいなあと思います

一人の大学生が全くの素人から狩猟の世界に飛び込み、罠猟の免許を取り、初めて鹿を仕留め学生寮のみんなと食べた体験談、社会人として定職に就きながら狩猟と自然に一年を通して向き合っていく話が書かれています。我々があまり知らない狩猟の世界を知るにはうってつけの一冊です。

読者

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c23b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9F0b408f0 d16a 41b6 b8ce 72248095783aBf028033 dabe 4213 af83 05f747855a5cA6eeb60e 6e2b 44a9 9f3c b1dbac2f8bfb3b1672ec 50ab 4dbf 94c8 bfbef284ac49 10人

文庫

村上朝日堂の逆襲

村上朝日堂の逆襲

3e11f88d dc4f 429c 8fdf 275657fa27d1

リホ

大学3年

やっぱり軽快に進んでいく読んでいて心地いい!こんな暮らしがいいよね〜 1980年代のコラムにもう「主夫」の提案が書かれていてさすがだなと思った

約19時間前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249918f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faBbcbe9a6 1685 4be6 ac35 5a1b14ab68e9