文芸

51ya0%2beyffl

東日本大震災の被災地、特に福島第1原発周辺自治体の人々を描いたノンフィクション作品。通り一遍の被災地報道だけでは伝わらない、境界の内側のギラギラとした生々しさが伝わってくる。 非日常が日常となった世界。憑かれたように彼の地に通い詰める筆者、境界の内側をドップリ覗き込んでしまった彼女のその後が心配。

07c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea5085c76b42 4588 453e bd62 20057fc81ee8C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746
51zrpfnovcl

フェミディストピア。トランプ政権になったことをうけて『1984年』に並ぶ売れ方をしたらしい。こわい!前半で読みたくなくなるけど、後半までいくと勢いがハンパない。巻末の歴史的考察も絶対読んで。すごく面白い。読んだ甲斐があった!!

51%2bnrangywl

こちらはお気に入りの図書館員さんに短編のおすすめを紹介して頂きました。 短編を読む人は本当に本好きの人という私の勝手な思い込みでお尋ねしました。 私は短編集を読んでもあまり覚えていない事が多いのでこの方はとても丁寧に読んだのだろうな。という印象をうけた。 タイトルの通り、不思議な事が起こりまくってる商店街。 全31個の短編は読み応えあります。 本当に暇すぎな時は短編に限る。

51jr blgvrl

ロシア出身のアメリカ作家のデビュー短編集。かつてシベリアの強制収容所への入口となった鉱山の町で、大きな時代のうねりの中に生きた市井の人びとの、希望と絶望、出会いと別れ、人生の転機と苦い思い出。淋しさとユーモアの入り交じった独特の語り口で、微細な心の動きを見つめる眼差しが素晴らしい。著者も影響受けたというジュンパ・ラヒリが好きな人もぜひ。

3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045Icon user placeholderCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af391ef0944 8096 4006 9a41 7e40e3507f6bA8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0f705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c506062448 9368 410b b05c f80f717635f6 9
613e5ak2o5l

絵本「もうぬげない」でハマってしまった。笑 ヨシタケシンスケさん。 紙の本をめくって、読書するのが大好きな方々。 クスクスしながら読めます。 四コマ漫画のようです。 「あるかしら?」と尋ねたら、「ああ!ありますよ!」って本屋さん♡ステキです。でも、この本屋さんでも置いてない本ってあるんですよね〜ふふふふ

5f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fcee22353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f07310737210f9 0f43 426e 9497 82fb63ee2356Ec2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c9F8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08749e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453 25
51khodnq%2b2l

生き抜く力の強さを通して感じた。ユダヤ教とユダヤ人の米国での立場が感覚としてわからないことをもどかしく感じたが、それでも面白く読んだ。表題作が好き。

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf93fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b6cc7a795 1641 4b70 8917 205a762fa662220a4b3e 19d8 45d1 934e b33adf8cdbd5B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988 8
41zmwybzj0l

暇すぎて適当に手に取ったのが出会いで、読みだしたら最後が気になってそのまま読んでしまった。 もう一つの話も読みたかったが時間がきてしまったのでまたの機会に。

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426979bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856452337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db4548b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd969884f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae 8
519b3qbaxxl

初ゴーリーなんですが、これは最高ですね。何度も見返しちゃうし、ジワジワくる。全ページをネタバレしたくなります。読んだ人たちで集まって、一つ一つについて語り合いたいなあ。

7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9e705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5C02ce81c b5e7 435a 9b5d 2be879383570
51vkh2rtpel

訳は読みやすい。 映画も観たが、どこかバイオハザードみたい。

41ljyqapccl

オルガン部のクリスマスコンサートに向けて家族や信仰への複雑な思いを抱えながらメシアンのオルガン曲に向きあう高校生の男の子の話。メシアンのオルガン曲全集CDはうちにあるので読みおわった後に一哉が弾いた曲を聴いてみたり、ELPのタルカスや展覧会の絵も出てきておもしろかった。登場人物たちも爽やか。

517pst29bol

スラスラ読めて面白い。 主人公は60だが老いを感じさせない。 ボクサーはカッコいい 下が楽しみ♪

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3B4229ab4 f9fe 4070 a875 a9e08552c747
416lrzspi l

夜中に読むと危険な本。冷静に読んだらとてつもなく変な話だけれど、すらすら読めてしまう。 「悪いとは思うけれど、パン屋が開いてなかったのよ」「もしパン屋が開いていれば、ちゃんとパン屋を襲ったんだけれど」

Ed96a8ea fdb4 460d 84c0 328e7091e1f8412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd613d3a44 5293 4bef 86db c450c5aa150c
51rcywwh ul

美しい家族愛と浪漫に溢れた物語。

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d27f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b5771f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa452295a1c5ec 3175 4ab1 9863 e97ab3b3279038e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823 8
51s2cvhgurl

縁あって、今年になって下北沢のトリウッドで映画を観ました。その時は新海監督作品を連日一挙上映していて、他の作品も一度に見たのですが、この『言の葉の庭』がすっごく心に残って。雨のシーンが 水の降る様が本当にきれいで、お話も含めてすっかり心を持っていかれたわけです。 最近になって、小説版があることを知って嬉しくなって読みました。映画の中の二人のやりとりや台詞の意味が、小説版を読んでみてぐっと深く自分に入ってくる感じがしました。現実味を増すというか、どこかにあの人たちが存在してる気がしてきたりして。 映画は少し切ない気持ちで終わったけれど、これを読んだら切なさよりもあたたかい気持ちで読み終えられたので、うれしかったです。なるかみの…と、諳んじて呟きたくなります。

4d712129 d1e8 47b5 9bf7 ffb4e20c6dd1Bfda67a6 4454 497d b31a 7f50f070eb74Ec6e3e9e 7b53 467e bd3b d0c636a6c0f0D61bc789 add2 4e2c aecf 69bc54ed49722db2f1f9 3e53 4fe5 ad20 c7cba115adae0794fee9 42fa 41ca 8766 63230b8d1a336cbeb401 43bf 48fd 8398 7544f51084d0 25
61xejuwhg%2bl

風美子のようなひとは、こわい。変わっていく世の中で、取り残されるひとと変わっていくひと。後ろよりも前を見て歩いていきたい。

51kh3d3mwwl

7/19読了 知っていることと、知らないことのどちらがよりつらいのか。

51etzt4pm8l

「家守奇譚」の世界に、もっと浸っていたいと思ったら、続編が。 人と、人ならぬ者たちの距離が近かった頃の物語。琵琶湖の周りを舞台に、季節や生き物の営みを淡々と描いている。心が穏やかになる。 図書館で借りた本だけど、所有したいから文庫版を買おう。

2e5778d4 27dc 4f49 9f99 7c4e95c48aafF70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a411525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad43a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f4338aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2179944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e2354891578284 af2c 4bd7 b5c3 7c5867009509 10
51w0tct842l

ついに文庫化! パレスチナ人の心の叫びを屈指の世界文学へと昇華した不滅の傑作。ニュースでは決して伝わらない過酷な真実を、収録7つの「物語」を通してひとりでも多くの人に知って欲しい。 ‪「人間の犯し得る罪の中で最も大きな罪は、たとえ瞬時といえども、他人の弱さや過ちが彼等の犠牲によって自分の存在の権利を構成し、自分の間違いと自分の罪とを正当化すると考えることなのです。」__「ハイファに戻って」より

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c99d20a51 4cc5 4152 aecb 52617f33ee82868e83c9 1344 4019 a5b9 da8680443f8f5dcc60b8 4707 48e7 8e40 3a67c65f1ac25dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2B989a57d 3ed1 457b b76a 3f1cc1b8f466705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 9
次のページ