雑誌

51v9tihenll

上がる。マウイの情報は載っていない。2017.7

51g1jyzuvsl

読みかけ。掲載シナリオもいいけど、佐伯俊道氏のたこ八郎についてのコラムもいい。

51firsszbwl

特集「一汁一菜」 日々こんなオシャレなご飯など作ってられないけど、ページをめくって眺めてるだけでもなんだか体にいい事してる様な気がしてくるから不思議。 個人的には掲載の一汁一菜メニューだと全体的にタンパク質と炭水化物メインで野菜が足りてない気がした。

513ggzzouil

未公開映画が一本まるごと収録されたDVD付録に惹かれて購入。でもいつ観るのかわからん。

41n2hxcykjl

30代のための社会文芸誌を創刊しました。ターゲットはサイレントマジョリティ。 まさに中間層に浮遊して、黙っていた私たちが、「なぜ黙ってしまうのか」を突き詰め、考え、突破口を見つけようとしたものがたり。 「誰の話も自分のことじゃないように思う」。この感覚の正体から、本来的な他者との繋がりをどう作るかまで。 安心して読める社会メディアです。

B752a251 8147 4dac 86ca 1175f9705644Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de598a453c1 a3a5 41af aa18 8a5f286b154219827526 a639 4044 9981 d86c526cb750Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e70c679a8 051c 463d be3a 04f64f2a45440f57de70 272b 416d 9887 8654e83c6163 12
41cevz2ozml

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5
61fxqm2y1cl

毎年購入しては枯らしてるアジサイのために購入。

410kloten9l

購入。橋口亮輔監督の講義採録にあるワークショップのエピソードが良い。

61rvektmjwl

植物特集は買ってしまう ディスプレイの勉強にもなるのです

次のページ