文学

陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ 伊坂幸太郎

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

i

i 西加奈子

一気読み 力強い文章で大好きです 他人の痛みを想像するとは「心を、想いを寄せること。」

2067840b 21e2 4ce1 8cae 08b68890fe56F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16297d5d6e ac85 4426 8940 b307e022ec65256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76 215
きのうの影踏み

きのうの影踏み 辻村深月

まったくのノンフィクションじゃない怪談。 暖かい話もあり。都市伝説のような話もあり。 色んな不思議を盛り込んだ短編集です。 段落の切り方が変わっていて、口伝ての感じなのでしょうか。話を聞いている、たしかにそんな気がしました。

Icon user placeholderB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a58f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa6aed883f bd64 485d 86ba c0b50412f886E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c2366c251 f4fb 482d 8912 9f5363ba5afb58dcb0cf 199c 4e4b a779 355cfbd0159d 9
夜哭烏 羽州ぼろ鳶組

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 今村翔吾

面白い時代ものが読みたい、面白い娯楽作品が読みたい、という人がいたら真っ先に薦めるだろうこちら。ほんとに面白い。旗本家をクビになった火消侍がとある小藩の火消を立て直すべくスカウトされチーム編成をする過程が中心の前作から、本作では幕閣の権力争いによる凶悪事件が前面に出された感じ。当時の火消にはまずそのテリトリーを受け持つ火消団体が鐘を打たないと他の火消は手を出してはいけないというルールがあったそうでそれを逆手にとった連中が主だった火消の家族を攫い鐘を打ったり出動したりしないように脅す、という話。火消たちの連帯感や謎解き、火災シーンやアクションシーンの見事さなど本作も素晴らしい完成度。実に面白かった。次作が楽しみでならない。

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4721ff227 6404 486e a136 194741a375b4
死神の浮力

死神の浮力 伊坂幸太郎

僕の想像の仲では、 山野辺…滝藤賢一 美樹…大塚寧々 千葉…福山雅治 本城…木村拓哉 でした。 難しい描写がなく、淡々と読み進められる本でした。 淡々と読み進められる分、盛り上がりにも欠ける感じがして、残念だった。 千葉が山野辺の復讐に力を貸す理由が、仕事だかやら、以上の何かがあればよかった。

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa186bf7621 50cc 4707 8f5a 446fd08c5b2bE6332634 4eb5 49b4 b9dc eecbc80dbf09D2ee1ae0 1dde 4ab4 b54c 6b06d343118b7cbcd9f0 2618 45bc b1f9 31392f11ed80 51
希望荘

希望荘 宮部みゆき

杉村三郎シリーズなんですね。知らずに読んだ。 太い本でしたが、飽きることなく読み進められました。他のシリーズも読んでみたいと思いました。

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD431913d 3530 44b9 9bd5 db358ed18c33Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37B1a188fb 9f26 4072 9066 3e686a5440ffE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4 30
彼女はもどらない

彼女はもどらない 降田天

最初に自白から始まるから、どうやっていつバレて殺されてしまうんだろうと思いながら読み進めていったら、違う方向から、え!?ってなる。 現代のネットの闇?問題?にも切り込んでいてちょっと深い けど、最後はちょっと薄い感じが残念

0da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59348b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce
老後の資金がありません

老後の資金がありません 垣谷美雨

街行く人はみんな平穏な毎日を過ごしているように見えるけど、でも私も含め多かれ少なかれ「お金」に振り回されている。 だから普通の主婦である篤子が、娘の結婚、親の葬儀、介護、リストラ、と次々に現れる人生の「まさか」に貯金を取り崩し、老後の恐怖に震える姿は他人事とは思えない。 外面を繕っていた篤子が、見栄や意地を捨てて本音をさらけ出した時に見えた家族の本音や友人たちの苦労。 そして手に入れたお金に振り回わされるのではなくて、自分でお金との距離やスタンスをコントロールする力。 それは人生の「まさか」に直面した時にうろたえないための極意でもあると思った。

Icon user placeholderE9ed576f a298 446f 8118 5157be58e62e726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c10129c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afdCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Icon user placeholder 17
人間じゃない 綾辻行人未収録作品集

人間じゃない 綾辻行人未収録作品集 綾辻行人

ミステリとホラーの短編、中編が混在した作品。犯人当ても一作品入っています。 漫画原作から小説に起こしたホラー作品が収録されていますが、なかなか珍しいことではないでしょうか。

Icon user placeholderIcon user placeholder271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a71530ba6ec0 6b55 4510 9523 e176a72c71a823b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593
次のページ