文学

混沌 上 新・金融腐蝕列島

混沌 上 新・金融腐蝕列島 高杉良

読みたいと思っててやっと読み始めた一冊。 一言で言うと、面白い!!リアルな人間模様が描かれていて、パワーバランスとか、人の機微だとか勉強になる。

経済ヤクザ

経済ヤクザ 一橋文哉

個人的2017年のベスト3に入る本。経済界の歴史を表裏両方から読めて興味深かった。いわゆるアングラ系ではなく、有名な企業の黒歴史も知れる。

京都で考えた

京都で考えた 吉田篤弘

著者らしく、話はいろいろと跳びまくるのですが、どの一節も、その考え方や事象への感覚に、思わず頷かされたりは考えてみるような感じで、警句集めいてます。1冊の分量としてはそれほど多くないのも(100ページ程度)よいところです。なんとなくいろいろ考えてみたいときに、適当なページを開いてみて、という風にして、長く長く手元に置いておくのもいいかな、と思ってしまいます。

Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1
楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス 原田マハ

美術知識が全くの素人に、アンリルソーという人物への興味をここまで掻き立ててしまうことがこの作品の最大の魅力、乃至は力なのだと思います。筆者の他作品でも見られましたが、作品を「友達」と呼び、美術館に行くことを「友達の家に遊びにいく」というフレーズのおかげで、傑作と呼ばれ自分などの理解には遠く及ばないものだと勝手に距離を置いていた美術領域を身近なものと受け止めたいいんだと思えました。ということで、早速片手間につらつら書き貯めていけるよう近代美術の勉強ノートを作ってみた次第です。

2b38ce49 817b 4cff 8351 d7ae923b1dbdIcon user placeholderA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e635f92758c 5a27 4366 bb72 bdfc67f0662f50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3beD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 68
えんぴつの約束――一流コンサルタントだったぼくが、世界に200の学校を建てたわけ

えんぴつの約束――一流コンサルタントだったぼくが、世界に200の学校を建てたわけ アダム・ブラウン(「ペンシルズ・オブ・プロミス」創設者兼CEO)

若き一流コンサルタントが仕事を捨てて貧困国に学校を作るボランティア活動を立ち上げる。それは先祖から受け継いだ幸せを誰かに返すため。その活動は世界的なムーブメントとして拡大していく。内容、作者、訳者、全てが素晴らしい出会えて良かった一冊。

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴 米澤穂信

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8497c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb
食堂メッシタ

食堂メッシタ 山口恵以子

二作続けて料理人の話。タイトル見て中身あまり確認せずに買ってしまった。てっきりドキュメンタリーだと思ったらいちおうフィクション。タイトルが前のお店名そのものだったけどシェフの名前など微妙に変名にしてあった。こちらは常連には程遠いけども前からたまに伺っていて移転された今でもポツポツ伺ってるお店。何年か前に同じくメで始まる亀戸の予約困難店に伺った時に、同じように予約が難しいお店が目黒にあってしかもそこは女性が一人で切り盛りされたると聞いて興味本位で電話したらたまたまあっさり予約できて以来のお付き合い。作品中に出てくる料理を思い浮かべることができたこともあってとても楽しかった。果たしてこの作品のどこまでが事実でどこまでが作者の創作なのか…できれば次に伺った時に聞いてみたい。たぶん答えてくれないだろうけど。作品中に自分も知ってる常連さんが出てきたのも含めてとても面白かった(笑)

遠野物語remix

遠野物語remix 京極夏彦

所謂「オリジナル」とされる柳田國男の『遠野物語』は三年前に既に読んでいた。 さて、此度読んだ京極夏彦の『遠野物語remix』は、面白さという点では柳田原作に劣るだろう。「ザシキワラシ」の話などはそれが顕著に現れている。 しかし、現代人に親しみやすく、分かりやすい文体、構築で、あの「遠野物語」を復刻させたのはというのは、やはり京極氏の文学センスの賜物だろう。

Icon user placeholderIcon user placeholder73e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb79a849a5 7d82 42a3 8359 c18702160293B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec505b7b8dec eaa7 41a2 a4f6 6357fa4eb0e4
リターンマッチ

リターンマッチ 後藤正治

定時制高校を舞台に元不良少年だった型破り教師脇浜義明が落ちこぼれ生徒達をスポーツを通じて立ち直らせていくありがちな学園ドラマと思いきや、(もちろんその側面もあるのだが) 熱心に指導をしても手ごたえ無くいつの間にか部員が消えていく苦さこそ現実なんだと受け取る。 「人間、そう簡単に変わるものではない。そんなに簡単に変わってたまるか。というのが脇浜の体験的信条でもあった。第一、ボクシングを少々やったぐらいで、そうそういい子になってもらってはオモロナイではないか」P87

幸福論

幸福論 若松英輔

2018年68冊目。しあわせが定義できなくてよかった。 / 20180412

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2126ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccae
次のページ