文学

51ti 2z nnl

読み始めて 割りと早い段階で タイトルの意味に辿り着くのだけど 最後の方で 風向きが変わってくるところがよくできてると思います 馬鹿っぽい寺島がいい味出してます

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad479bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564Babe3353 2646 4d08 951e bd10673d79a37f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7fDf76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435
41gbpnkj5ql

守っていたつもりが、守られていた。2017.5

41l181xtjgl

人を好きになるというのは、愉しいことでございます。

31rkuhyq jl

P121 短歌形式には呪力がこもるが、俳句形式にはこもらない。(中略) 短歌形式と俳句形式のこんなちがいは、おそらくその発生の事情に起因している。短歌形式は和歌の一体としてはるかな昔に起源を持ち、しかも雅へと上昇して俗(日常)と断絶した。ところが、俳句は元々、相手に開かれた唱和としてはじまり、滑稽化を強めて俗の要素を濃厚にした。

511cdehrv0l

岳飛がこんな形で一旦退場になるとは、意外でした。

41s2fdcwfvl

 久しぶりに笑った。 とても楽しく、でも確かに生きているって実感のある言葉たち。渋谷直角氏の世界観、人生観も垣間見ることができる。飾らないからか、なんかホッとする一冊だった。 電子書籍で読んだけど紙の本も買っちゃおうかな。

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c4819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d0a818270 dad5 4dfb b74b ce5bb850dd9a
418uhuwckwl

おもしろい 暴力 いまっぽい

306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f2139088a74f61d e629 4d90 a67b c280b2ddd36c
51wthg3jaul

装飾的な表紙と”一気読み必至の著者最高傑作”と銘打った帯に惹かれ購入。 これまで辻村作品は何冊か拝読してきて新作ということに興味もあった。 読むものの心を掴み最後まで離さないストーリー性と世界観、読み終えたら温かい感動に包まれ読んでよかったとそう思えた一作であった。 私自身も中学時代に物語の主人公こころと同じような辛い経験をしてきたため最初から共感する部分が多く、中学時代にこころたちのようにかがみの奥の城に私も行けていたら... 何故か必然とそう思い羨ましくも思えた。 確かに一気読み必至。私も一晩で読了した。 だがゆっくり一章づつ、まるで主人公と自身を重ね合わせるように読むと、よりラストの感動を味わえるのではないかとも思う。 ぜひかがみの孤城の世界を体験してみてください✨

Ecbb725c 698c 4995 9709 570c4885e61638e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b18239de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db96afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc3733940fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf6528907d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c44ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e 12
51apfqfa1rl

もやもやっとした気持ちを全部日本語にしてくれていて、「そうそう!こういうこと!」って思う。やるせない気持ち、わかっているのにできないこと、やらなきゃと思っているのにうだうだする、そういう、生きていく中で出てくる煙とかモヤとか、曖昧なとこを突いてくれる。 泣いたっていう人が多いみたいだけれど わたしは泣けなかったなあ。けど、泣けないからダメってことじゃない。泣ける本が良い本というわけでもないから。

F753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf27d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4638bc5b5 6516 43d7 a9ab 1df9167abe4303fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99d296f51d2 38ec 45c6 9984 36838f56146103e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200043bc724 fd87 46f5 a832 abb293d61027 29
511p%2bj6bn7l

今回も風景が美しい物語だった。 今回は黒い感情、黒い情景が書かれているところが前回との違いで、転換期を思わせる内容。 いつかまた、くろがねに会えると信じて、他の玉妖たちとの出会いをたのしみに。 それにしても、今回も表紙が美しい!

614alcjiu6l

「真の天才は、理解されず消滅する!しかし液に融解した成分が、電気分解によって析出するように、その後ではっきりした形を表すことがある!」 深く沈殿した感性のオリに、人を震わす刺激や感動のエキスが「在」る。散りばめられてる言葉たちを拾い集める読書体験!

51leqb2earl

バルトさん、もう少しお手柔らかにお願いします。

51an3pr6mgl

うーん、どんでん返しと言うか、そこまで話をつくるのか! 寺島君も殺害して話を持って行った方がよかったかも。

3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e115fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cC0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bcc9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffA4a00c23 4740 4b7b b247 7658a77e7ab18afe0fbf e84f 4d0f 88c3 9a6266695f6063b68c49 e930 43fa 8da1 d3721fb32a86 10
61tkwxayhrl

孤独を感じられる。あなたとわたししかこの世にいないんじゃないかって気持ちになる。

872d3c2d 3409 4500 b140 2a3e0c0a4083F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda826e7488f4 b355 495c 95eb 7500ed678f7d15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa3dfc6220 3247 4289 8686 ce8423e53adeF2e044a9 dbfb 4bbc 96d9 aa62ce5e300fB711bca2 5a13 4228 bc80 c00d1edd3ea0 11
5172trx59nl

くるみさんみたいに、なりたい☆ 三日月屋のパンも食べたい。 『春をともす』って素敵なことば。

51w6oftoinl

自分の中にある得体の知れないもの、そこまで大袈裟ではなくても、自分の中に潜む名状しがたい感情を誰しも自覚したことがあるのではないでしょうか? さんざん心理学で取りざたされてきた、自分では意識できない心の中には、正体のわからないモンスターが存在しているとされても否定できない。 この中短編集に登場するモンスターズも、形而下というより形而上的な意味合いにおいて心の闇の中で蠢いていると考えるとおそろしい。 個人的には、表題作の『モンスターズ』が楽しめた。

51p7yqsrvnl

2017/05/26 読了 いいねぇ、江戸っ子❗️ テンポよく進んでいきます。 帯にあるように「心から」とはいきませんが、ふふっとかほろりとかは、来ます。

41fjzifxgvl

第25回横溝正史ミステリ大賞、テレビ東京賞、W受賞作。もちろん、面白い。ジャンル的には、ハードボイルドにカテゴライズされるものだろうけど、日本という文化・風俗の中で成立しにくいというハードルをみごとに越えている印象を持った。 登場人物の誰もが悲惨な過去を持っているのだが、46歳の元刑事は、決してスマートではないけれど、自身の悲しみだけでなく彼に関わる男女の悲しみをも乗れ越えさせるべく奮闘する。その姿に心打たれる。 虹は悲しみの種からできる、悲しみの大きさで虹の大きさも決まる、そんな設定の童話が作中で紹介される。その話が読んだ後も深く心の中に残っている。 果たして、虹の向こうには何が待っているのだろうか?

61i1zezcf8l

男2人の探偵事務所 開業するのは週末だけ 日常のちょっと不思議に思いつつも そのままになってしまうような ささやかな謎を解き明かすための探偵事務所 だからお金はとらないが 自分たちが興味を引かれる話であること、犯罪や警察沙汰になるようなことはお断り、という条件のもとにやっていたが 犯罪に巻き込まれることになってしまう 話を聞いただけで 謎を解いてしまうのがすごくて なるほどなと思えます

次のページ