ノンフィクション

21xkqejr51l

君は小人プロレスを見たか 高部雨市

ガキの頃、地元の中学校の体育館に観に行った女子プロレスに彼らは出ていた。予備知識ゼロで行った自分はそのレスラー達の姿に驚き、そしてリング上で繰り広げられるエンターテイメントに爆笑そして喝采した。今でも空手チョップを見舞わせるプリティアトムの「トウ!トウ!」という甲高い声が記憶に残っている。 この作品には小人プロレスの盛衰と、差別との闘いが描かれている。ノッポのジャイアント馬場はプロレスで大成功したのになぜ小人プロレスの選手達はメディアから消されたのか。これを万人が納得できるように説明できる人がいるのか。憐れみか差別の対象でしかなかった彼らが存在をアピールできる場所、いや生活の糧であったはずのリングから遠ざけたのは偽善的な人権団体、そしてメディアだった。 巻末の「解説」を「無敵のハンディキャップ」の著者である北島行徳氏が書いており、そこで斜陽になった小人プロレスと障害者プロレスの融合が検討されたことを知って驚いた。なぜ実現しなかったかは読んで知ってほしい。

51cjpejtqel

母さん、ごめん。 50代独身男の介護敗戦記 松浦晋也

実際に母親の介護を経験したライターさんの書かれた本。介護を追体験できる感じでした。いやぁ・・・本当に苦労されている様子がわかりました。『「死ねばいいのに」が止まらない』介護されている方の正直な気持ちだと思います。科学ジャーナリストさんらしく、最後の考察は我々が皆で考えていかないといけないなと感じました。

41amiq10dql

暮らしのなかのニセ科学 左巻健男

水素水、水からの伝言、EM菌。もっともらしい理屈を並べ立て、学問を装いながら人を騙す数々のニセ科学案件。 ニセ科学が公教育や行政の場にまで浸透している事実には暗澹とさせられる。良い話だから、為になる事だからと広がって行くさまは、少し前に問題になった「江戸しぐさ」を連想させる。 ニセ科学は科学的な裏付けはないのに、実績を積む事で説得力が増し、更に不可解な欺瞞が広がって行く。 この手のインチキ案件は、自分に直接の関わりがないからといって見過ごさずに、批判的な目を向け続けて叩いていかないと、いずれ致命的な事態を招きそう。なんとかしていかないと。

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5936cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cA14b0e0b ffd8 4371 b4ed d571feeaa2ee5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb3218ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f385
5102yg8rgrl

香港に引っ越しました。 上野うね

転勤で2年間香港に住んだときの様子が記載してあるノンフィクション。永住者が書いたものと誤認していた。自分が永住するときに役に立つかなと思ったが、8割方が役にはたったけど。アマゾンから貸与された本。アマゾンアンリミテッドで読んだ。

6104rwijttl

神は背番号に宿る 佐々木健一

数字には魔法があり、それによって喚起されるドラマがある。 本書はさまざまな野球選手の現役時代やその後を、背番号という数字を手がかりに語る、まるで「読むノンフィクション」とでも言いたくなる作品だ。 実はそれも当然で、本書はNHKーBS1の特別番組「背番号クロニクル プロ野球80年秘話」の放送で取り上げきれなかった逸話をとりまとめたもの。 不運とか甘えとか自己責任という言葉でくくると見えてこないドラマが、「神」と「数字」の組み合わせを加味することで生き生きと、そして切なく浮かび上がってくる。 できればハッピーエンドで終わって欲しい、そう願いながらも、なぜか本書の逸話はハッピーエンドよりも報われない結末の方が余計に心に残る。 悲劇のヒーローになんて、誰もなりたくないし、なろうと思ってなれるものじゃない。 ましてや、人から愛され、惜しまれ、記憶に残る悲劇のヒーローになんて。 だけど、不運や不幸に襲われ才能を十分に発揮できなかった野球人生は、その人もまた神の前では私たちと同じ小さな存在なのだと気づかせてくれる。 日の当たる場所に咲く花ばかりではなく日陰にひっそり咲く花を愛するのは、多くの人が報われない努力や虚しい希望を胸に毎日を懸命に生きている証かもしれない。 そして理解する人を得られないまま、どうしようもない寂しさを抱えて、独り生きているからかもしれない、そう思った。

31wxgivzzsl

藤原道長の日常生活 倉本一宏

当時の日記から道長という人間と、平安貴族の日常を描く。道長の感情の起伏の激しさや自惚れ屋っぷりは他の資料に(主に『小右記』に)たっぷり記されていて、なかなか人間くさい。雅なだけじゃない生活が面白い。 当時の文学が好きな方は、きっと楽しく読める。

118feaxer7l

愛と支配の博物誌―ペットの王宮・奇型の庭園 イーフー・トゥアン

庭園や水、犬や猫に金魚、はては息子に女にフリークスに異人種といった同じ人間に至るまで、人間は愛を注ぎまくってきた。さてしかし、その愛とはそのまま支配への渇望であった。人の手の入らない自然は矯められて庭になり、黒い鮒は交配の結果真っ赤な出目金になる。小さな女の子は足を布で巻かれて纏足のよちよち歩きになる。そうした事柄は一見愛には見えまいが、愛とは支配を必然的に伴うものなのだ、恋人に愛されたい、愛したいという気持ちはすなわち服従したい、服従させられたいという欲望と表裏一体だ。恋人同士であれ、人間と自然の風景や動物との間であれ、力の差は常に存在する。その差に気づき、乗り越えようとするとき、人間は力を行使する。力を行使するとき、人間は喜びを感じる、それが上からのものであれ、下からのものであれ。支配と服従の間にある甘美な誘惑は人間だけが感じられるものなのだ。『トポフィリア』などで知られるイーフー・トゥアンの、ライトだけども飼ってるネコさんへの目線が確実に変わってしまうエッセイ。なんと30年近くも前の本でしたが。

82d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1c9b66aee2 3fc6 4ae5 a5fb 3eafea61b6d2
51 ia6av8el

土と内臓 デイビッド・モントゴメリー

微生物は人間にとって排除すべき大敵という偏った視点を明確に変えてくれる。著者の一人は土の流出が文明にどれほどの影響を与えたのかを説く『土の文明史』を書いた地質学者(日本版の版元はどちらも同じ)。もう一人はその妻である生物学者。この夫妻の裏庭で起きる土壌の変化から植物と微生物の共生関係、そして人間、わけても日本語版のタイトルのように内臓と微生物群(マイクロバイオーム)の関係が最近の研究とともに紹介される。昔は野菜の味が濃かったとか、アレルギーが少なかったなどという話をよく聞くけれど、それは微生物との関係の変化が影響しているという知見を一つ一つ議論を積み重ねながら明らかにしている。微生物は食糧問題というグローバルでマクロな問題から、個々人の健康を司る免疫システムやお腹の具合にいたるミクロな地点にいたるまで、極論すれば全ての生物と幅広く関わっていることには改めて驚かされる。 マメ科植物と根粒菌の共生関係くらいは知ってたけども、多くの植物が根から滲出液を出して必要な微生物を呼び込み見返りを受けてるとかワクワクする話。そして同じように大腸も粘液で微生物を養い、そこから利益を受けているらしいという。 マクロビとかあの手のものは宗教やオカルトに容易に傾きがちだけれども(EMなんかもその一つだ)、きちんとしたエビデンスや「まともな」研究に基づいて書かれた本書はそうした疑似科学の信奉者にこそ読んでもらいたい。まあ読んでも変わんないか。

51y1qisdqwl

スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家 ダン・ライオンズ

こんな世界があるのかー⁉︎と慄くばかりのノンフィクションです。 大手ニュースメディアをリストラされた著者が再就職した先は、上場を目指すスタートアップ企業。大学を出て数年、入社して数カ月の上司と会社に根をはる創業メンバーにことごとく提案を潰され、ITを知らないおじいちゃん扱いされる著者。いえ、ジョブスにもインタビューしてたんですけど? AIについての特集書いてたんですけど?と疑問を感じるものの誰にも相手にされず、めんどくさい人認定されてしまいます。 ダイバーシティの精神もなくコンプライアンスもない会社に、でも家族を養うために通わざるを得ない。 会議室の上座にはぬいぐるみがいて、壁にはキャンディバーが埋め込まれているキラキラ系企業の白々しさに言葉も出ない。若さ故の傲慢なのだろうか? 投資の裏側と起業ころがしの世界が垣間見れます。

Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc5febf002 43b0 48bc a339 38ccffe94469D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1
31zd0r752bl

白 原研哉

長野オリンピックの開会式プログラムや、無印良品のアートディレクションなど、幅広いデザイン活動を展開している原研哉氏。 この著書では、僕たちの生活空間やコミュニケーションに潜んでいる「白」や「空白」や「余白」について考察し、その美しさを教えてくれます。

01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a4936812e bdf2 4b26 a801 6ed8e2c459d9F9131c15 c471 4ba0 af5d 0248268a402187076ae7 4397 46a7 a85e 57716715b9d9
31iaxddyg4l

現代中国経営者列伝 高口康太

最近、中国に行くたびに思うのが人々の活気の良さである。 こないだ、在北京の日本人の方が「中国人は今日よりも明日の世界の方が良いと信じている」と評していたけど、確かにそんな感じ。近隣の日本人からすると、大きく経済成長している国はこんなに明るいんだなという眩しく感じられる。 また、もう一つ感じるのが、技術の発展とイノベーションがしっかりと社会に還元されていること。 これは日本ではあまり報道でしっかり伝わっていないのでとても残念なのだが、モバイルマネーの普及やビッグデータの活用といった点では、中国は日本よりはるかに先を行っている。たぶん自動車のEVの普及や自動運転、AIなども中国はアメリカとともに世界を牽引するのではないかと思う。 そんな中で複数の方から勧められて、この高口康太さんの『現代中国経営者列伝』を読んだのだが、確かに今の中国の経済を大づかみで理解するにはちょうどいい書籍だ。 自分の中で、中国に行って感覚的には気づいたことが、言語化されて体内に取り込まれていくようで、読んでいてとても気持ちが良い。 だから、できれば中国に行く前ではなく、現在の中国を実際に見てから、この本を読むのがベスト。

次のページ