ノンフィクション

51gwdxaih8l

表紙の色が好き。 身に覚えがある〜。まだ寝込んだことはないですけど、、 精神科レポ漫画を読んだ時、思ったことが描かれていた。「かぜ」じゃなくて「ガン」ですよね。 あと仏教は効く人にはほんと効きますよね。 妻、子供、親に助けられた人の話は多く、家族愛はやっぱり大切らしい。 家族や親族がいない人の体験記も読んでみたかったです。 すごくいい内容だと思うんですけど、個人的に気になったのが、広告漫画っぽいテンションなんですよね・・・全力で説明してくる感じ。無駄がないのかなぁ。

4dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c321492b56 1012 4612 84cc df48a2024f9eE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcdEaea3cc8 6be0 41c4 b5e5 333dbf2830267cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E9640120 30a9 4d5d 8183 fe541ce30b87 43
51npa1ysjil

平野氏のドキュメント的な本。物事をドライブしていくためには、どのような事が必要で、どのような想いが必要か、熱量が伝わる一冊。久しぶりに本を読んでて鳥肌がたった!

31iaxddyg4l

最近、中国に行くたびに思うのが人々の活気の良さである。 こないだ、在北京の日本人の方が「中国人は今日よりも明日の世界の方が良いと信じている」と評していたけど、確かにそんな感じ。近隣の日本人からすると、大きく経済成長している国はこんなに明るいんだなという眩しく感じられる。 また、もう一つ感じるのが、技術の発展とイノベーションがしっかりと社会に還元されていること。 これは日本ではあまり報道でしっかり伝わっていないのでとても残念なのだが、モバイルマネーの普及やビッグデータの活用といった点では、中国は日本よりはるかに先を行っている。たぶん自動車のEVの普及や自動運転、AIなども中国はアメリカとともに世界を牽引するのではないかと思う。 そんな中で複数の方から勧められて、この高口康太さんの『現代中国経営者列伝』を読んだのだが、確かに今の中国の経済を大づかみで理解するにはちょうどいい書籍だ。 自分の中で、中国に行って感覚的には気づいたことが、言語化されて体内に取り込まれていくようで、読んでいてとても気持ちが良い。 だから、できれば中国に行く前ではなく、現在の中国を実際に見てから、この本を読むのがベスト。

51xoixmzncl

旅に出たい!日本ってあったかい国だよ。

E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f402f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b882b7720f 5cf6 4e22 8fdb 48fbdf1f999cFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40
513g5uyaubl

その立場になってみないと本当のことはわからない。病気をきっかけに、様々な気づき体験をまとめた一冊。

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
41z3vj1t90l

「私の仕事は音楽ですが、使命の対象は子供たちです。」

5159zameatl

韓国つながりというか、怖いものみたさで、購入。まだ目次だけ。 先ほど読了。先が見えない状況でここまで自己管理できて客観的に物事を見ることができる、ということに驚いた。僕なんかまず無理。

41z xsruepl

訪れてみたいところだらけで、付箋だらけ。

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c32c5d8c6 3afc 4495 a930 f1f622a959d0
41ds3fzolql

就活を控える学生におすすめ。 業界の雰囲気の一端を知ることができるかもしれない。 だから、なに?となってしまう可能性もあるので、そもそも広告業界に批判的な方は読まないほうがいいかも。 最後の方は同じ内容の繰り返し。

D59b722c 7730 44db af95 b9fe5a3563ce3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdBc8c885b e34f 4422 900d bcf040996b5b806a4a5a c204 4327 bf9c 34a4ffb5482f71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a 11
51nbcio0syl

面白かったぁ〜

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92Ec2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c9Ee55abeb 6760 40ab 8d3d 604a350e19ae4b47712e 2374 4d51 b0f7 838913514ccdC3ffbb7b 5b09 4fad b0fc 4b73e9a95bb7Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718 27
41hugw1gi l

大王製紙の元会長がカジノにはまっていく話。お金の単位が違ってるし、なんか自慢げだし、なんだかな〜という感じですが、借金をなんとも思わなくなる過程がよく分かり、見栄っ張りのあいつに読ませたい。使う金額の単位は違ってもカラクリは同じだろうから

6104rwijttl

数字には魔法があり、それによって喚起されるドラマがある。 本書はさまざまな野球選手の現役時代やその後を、背番号という数字を手がかりに語る、まるで「読むノンフィクション」とでも言いたくなる作品だ。 実はそれも当然で、本書はNHKーBS1の特別番組「背番号クロニクル プロ野球80年秘話」の放送で取り上げきれなかった逸話をとりまとめたもの。 不運とか甘えとか自己責任という言葉でくくると見えてこないドラマが、「神」と「数字」の組み合わせを加味することで生き生きと、そして切なく浮かび上がってくる。 できればハッピーエンドで終わって欲しい、そう願いながらも、なぜか本書の逸話はハッピーエンドよりも報われない結末の方が余計に心に残る。 悲劇のヒーローになんて、誰もなりたくないし、なろうと思ってなれるものじゃない。 ましてや、人から愛され、惜しまれ、記憶に残る悲劇のヒーローになんて。 だけど、不運や不幸に襲われ才能を十分に発揮できなかった野球人生は、その人もまた神の前では私たちと同じ小さな存在なのだと気づかせてくれる。 日の当たる場所に咲く花ばかりではなく日陰にひっそり咲く花を愛するのは、多くの人が報われない努力や虚しい希望を胸に毎日を懸命に生きている証かもしれない。 そして理解する人を得られないまま、どうしようもない寂しさを抱えて、独り生きているからかもしれない、そう思った。

51u2dakrgzl

学習曲線スタイルという新しい方法で取材をする著者が、ガーディアン紙に招かれて金融街シティの人たちにインタビューした企画をまとめたもの。2008年の金融危機とその後をめぐり、複雑な金融商品と業界の人たちの仕事について、インタビューを通じ、予備知識ゼロの状態から次第に理解を深めていくやり方で書かれています。もとはブログの連載で、非常に読みやすい語り口。ジャーナリズムの実践としても面白い本です。

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1440537a0 de1d 4a72 a2a4 4e6e2d5c4737E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44B9dfb243 6d9b 4040 b316 a4949b6c4fef
51898dwn21l

P89 鴨居は何でも描けるが、油彩画では「自分の絵」にすることにこだわる人であった。ただ巧みなデッサンだけでは師匠の宮本三郎と同じになると言っていた。またピカソの「壁紙になる絵は描くな」という言葉を気にいっていたことからも、ただのデッサンからの作品は自分の作品として発表したくない気持ちがあったと思う。

41al4fmkbll

基礎的なことをわかりやすく書いてある良書だと思う。 パソコンやスマホやインターネットやアプリなんかは、とても身近なものなのに、基本のこと、基礎のことを学んでいない人は多い。危機感も足りない。 本当に大切なことばかり。 知らないなー、あんまり考えたことはないなー、という人は一度読んで認識を深めてほしい。

5e7cb613 c27b 4500 9adf a469433e5207Ec2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c9866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4B424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584Fcb280b8 4b15 458c bf03 d043cdcb642121eb880a 58bc 4cd2 81dc 9b36f5cb6ae606062448 9368 410b b05c f80f717635f6 8
51ufokkdhfl

ノンフィクション大好きです。とりわけサイエンスもの。ついにきた、トルネード・藤田。伝記はなかったんだねー。ワクワクしながら読み始め。イントロ、いいねー。 さきほど読了。面白かった。いやまさか北九州市の出身で空港の対岸とは。全く気にも止めず行き過ぎてしまったよ。今度記念館に行ってみよう。

Ec2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c9B5fa97a7 b82c 49bf a785 0400ec7ff6d9E2a701c7 3ca7 4485 bd4b 4b8c94d749e3E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f4a17af4b 57ff 4d7e 881e 048a0be2670d2efa5cfd 016d 4914 a7a7 01c7de48a38c 8
41pmm70yfsl

川内さんの書く文章がすきだ。 * 散骨がテーマであるのに読んだあとは晴れやかな気持ちになる。(この表現があっているかはわからないけれど)

27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e00b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae307eef99 fb35 48c8 911f 426e97a738f9
51aa5vqih4l

待ってました、阿川さんの新作 しかもお父様のお話 ビートたけしさんが帯を書いてた 『阿川さんには言わなかったけど はっきり 言って あなたのお父さんは 私の理想です』 ほとんど悪口しか言ってないんだけど、愛があるんだよなぁ… "阿川さんは言わなかったけど あなたの文章から伝わる あなたのお父さんは とっても 魅力的な人です"

51lm%2bbtzc6l

著者の木村さんの話を聞いたことで、利休と茶道の奥深さに見惚れてしまった。もっと利休のエピソードが知りたい!と思って本書を購入。期待した内容とはちょっと違ったけど、入門としてはいいのかも。もっともっと、茶道と利休の話を木村さんから聞いてみたい。

41pzi942knl

勉強術といいつつ、勉強法を学ぶ本ではない。伝記を読むのに使いイメージ。歴史に名を残すような人は、それぞれの勉強法があったが、何個か共通点も。「とにかく読書すること」「何かに夢中になること」「続けること」。偉人の違った面も感じられるので、そういうものとして読むとよいかと。

次のページ